ワンオペ育児を超えてゆけ

旧「羊の夜をビールで洗う」。シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。たまにガジェットネタも。

スキマ時間でぼーっとしながら見られる映画シリーズ〜「娚の一生」

映画は子育てしているとほんとに見られなくなって、そもそも昔ほど魂を抉ってくるような映画を好まなくなったので、ストライクゾーン自体がぐっと狭くなっているのですが、それでも綺麗な映像とか美男美女とかを眺めて、非日常的な気分に浸りたいときってのはあります。

 

そんなときのために、ストーリーの起伏少なめで、どこからでもサラっと見られる、雰囲気が好きな映画をいくつか挙げてみようかな〜、と。

 

最初の一作目は、「娚の一生」をとりあげてみたいと思います。

 

 

この映画は、漫画が原作になっている映画ですが、私は原作の方はまだ読んでません。娚は「おとこ」と読むみたいなのですが、手元のATOKでは普通に変換できなかったので、手書き文字入力機能使いました。えいっ。

 

f:id:smartstyle:20170524191034p:plain

  

「娚の一生」は、ラブストーリーのジャンルに属するお話で、おばあちゃんの年下の恋人だった男性と、そのおばあちゃんの孫娘が恋をするという、それだけ聞くと超非現実的なプロットなのですが、演じているのが豊川悦司と榮倉奈々なので、まぁいいかと思いながら見てしまう。

 

この映画は、わりとゆったりと進行する恋の行方を追ってドキドキするのもいいんですが、その背景に映し出される美しい田舎の風景をただボーっと眺めてリラックスする、という楽しみ方も向いていると個人的には思います。トヨエツと奈々ちゃんがひょんなきっかけから同居する田舎の家の造りが、実家の空気感とよく似ているのもご愛敬。

 

映画の風景があまりにも美しいので、「ここはどこなのだろう?」と興味を持ってロケ地を調べてみたら、三重県の伊賀市を中心に撮影されているようですね。

 

伊賀は実家の岐阜から大阪に帰るときに、わざわざ奈良から帰るルートをとって、立ち寄ったことがあるのですが、伊賀だけに子ども向けに忍者の衣装の貸し出しとかもしていて、伊賀上野のお城の周りを駆け回る子忍たちがかわいいんですよねぇ。

 

f:id:smartstyle:20170524195315j:plain

 

おっと少し話が逸れました。

 

ところでトヨエツといえば、われわれの世代だと未だに「愛していると言ってくれ」のイメージがこびりついていて、違う作品で饒舌にしゃべっていたりするとなんか調子狂う...って思ってしまうのですが、この映画では饒舌というほどではないものの、俺サマなキャラクターの関西弁は、女の人からみたらどうなんかな〜ってちょっと思ってしまった。でもしばしば見せるスラっとした佇まいとかはさすがにカッコイイ。

 

一方、都会の恋に破れて失意ながらに田舎で暮らすという、ステレオタイプなキャラクターを演じる榮倉奈々さんは、非凡なスタイルなのに、部屋着で実家で過ごしているときの、生活感あるシーンとかが妙に親近感持ててしまって好感(こういうのにヨワイ)。そりゃこんな子が帰ってきてたら、地元の男の子はほっとかないでしょーよ、とそっちに共感しながら見てました。

 

物語では、この二人が奇妙な同居を続ける住まいに、なぜかネグレクトの親に棄てられた幼い子どもが居候に加わるエピソードもあるのですが、う〜ん...、子を持つ親としてはこのシーンは二回目以降は飛ばして見ちゃってるかも。まぁいいんです。リラックス目的の映画鑑賞なので、そういうテキトーな見方でも。

 

ストーリーの終盤には、京都のシーンもちょくちょく出てくるんですよね。嵐山の有名な竹林を和装で歩くシーンなんかは、さすが長身の役者さん二人だと絵になるな〜、なんてつい見とれてしまいました。ま、私と息子くんが歩くとこうなるんですけど 笑。

 

f:id:smartstyle:20170524200048j:plain

 

以上、ところどころに映画本編とは関係のない写真を織り交ぜながら、映画のあらすじと感想を語ってみましたが、とにかくこの映画は全体的に静かで、きれいな風景美をみながらほのぼのできるので、育児のスキマ時間に眺めるのにもオススメだと思います!アマゾンプライムを契約していれば、プライムビデオからも見られますよ〜。

 

榮倉奈々さんといえば、吉高由里子さんなどと共演していたドラマの「タラレバ娘」も、録画だけは全て残してあるのですが、こちらは全っ然見れてないなぁ。これをスキマ時間に消化できる日はいつか来るのだろうか...。

 

おまけ:ブロガー紹介

ひさしぶりに映画のレビューっぽいものを書いてみたのですが、やっぱりこういう文章を、「横浜女が滋賀で主婦する」のおおたさん(id:ohtanoblog)みたいに上手にはなかなか書けないもんだなぁ、と実感しました...。

 

www.hamashuhu.com

 

おおたさんはコメント、ブックマークボタン非表示の壁打ちスタイルでブログをされているので、なかなかホットエントリーなどには上がってきにくいですが、TVドラマや(ジブリをはじめとする)映画のレビュー書かせたら、はてなブログ界でも随一ですよ!ブログを読まれたことがない方は、ぜひ一度ご覧アレ。

 

スポンサーリンク