ワンオペ育児を超えてゆけ

旧「羊の夜をビールで洗う」。シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。たまにガジェットネタも。

後退、そして飛躍。(幼児期の公文ワーク学習の記録)

公文の幼児(年中~小学1,2年生)向けワークを、小学校への入学準備としてやっていて、進み具合や気づきを都度ブログにまとめています。

 

公文のワーク学習のここまで

ブログの過去記事を辿ると、ワークを始めたのは今年の2月からで...

 

www.smartstyle-blog.net

 

いきなり、同じ繰り返しが続く問題に飽きたり...(この頃はひたすら1だけを足す問題をしていた)

 

www.smartstyle-blog.net

 

繰り上がりの足し算の教え方を試行錯誤してみたり...

 

www.smartstyle-blog.net

 

ときには子がサボろうとしたりする様子を見ながら、ゆるりと続けています。

 

www.smartstyle-blog.net

 

始めて7ヶ月(5歳11ヶ月)時点での様子

それでは、最近の様子はどうだったかというと...

 

お盆の長い休みで帰省したときに、ワークを持って帰るのを忘れたり、私が夏バテで疲れていて、平日ワークをやらない日が多かったりして、少しサボっていたら、一時後退してしまいました

 

前は、数直線を見ながらやればできていた、繰り上がりの足し算ができなくなっていたり、足し算と引き算の区別が怪しくなっていたり...などなど。

 

「あー、やっぱりこの位の時期は、間隔を空けてしまったら、すぐに忘れてしまうのか...!」

 

と反省して、またしばらく真面目にやっていたら、今度は一気に進歩が見られました

 

前までは数直線を見ながらでないとできなかった、繰り上がりや繰り下がりの計算でしたが、ここにきて突然何も見ないでできるように。私から特に何か教えたわけではなかったのですが、頭の中でカウントすることを覚えた、ってことかな(なので、足す数が大きいと、時間がかかったり、間違えたりしている)。

 

f:id:smartstyle:20170914203849j:plain

足し算のワークを始めて、7ヶ月後の答案の様子。

 

計算に限らず、もうすぐ開催される運動会の練習の様子などを聞いていても、やっぱり5歳ともなると何でも伸びるのが早いな~、と思いました。

 

足し算以外のワークも少しづつ進めていて、ひらがな・カタカナの読み書きと、易しめの引き算も、もうすぐ一冊終わりそうな感じ。これなら小学生に上がっても、いきなり戸惑わずにすむのではないかな。

 

次はアルファベットや九九か?と気持ちがはやりそうになりますが、間隔を空けたらあっさり後退してしまった教訓を活かして、もう少し基礎の繰り返しを続けてみたいと思います~。

 

もともと「ひらがな・カタカナの読み書きが少し遅れているかな?」と心配して始めたワークでしたが、半年ちょっとの間ゆるく続けるだけでも、ここまで伸びましたよ、という一例として、幼児期の親御さんの参考になれば幸いです。

 

f:id:smartstyle:20170918075851j:plain

最近ついにランドセルが届いたので、学習スペースも一気に小学生感が増しました。

 

スポンサーリンク