羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

帰省の寄り道〜その4〜涼しくてほのぼの!滋賀農業公園ブルーメの丘をお散歩。

今日はお盆休みで帰省する日なので、またまた大阪から岐阜に帰る道すがらで、お手軽に立ち寄れるスポットを探して、遊んできました。

 

今回訪れたスポットは、滋賀県蒲生群日野町にある、こちらになります。

 

www.blumenooka.jp

 

「滋賀農業公園ブルーメの丘」は、ドイツの田舎風景を模した農業公園で、なんでも今年開園20周年になるのだとか。ドイツ風ということで雰囲気良さそうだし、丘ということで平地より涼しく散策できるかな?と期待できますよね。

 

 

大阪から現地まで

お盆やGWに、大阪から滋賀のこの辺りに出るには、渋滞見越して朝の7時過ぎに出るとちょうどいい感じ、という知見を既に得ているので、今日もそのくらいの時間に出たら、いい具合に9時過ぎくらいに京都〜草津までの渋滞を抜けました。とはいえ、今日はまぁまぁ渋滞してた。

 

大阪方面から名神経由でブルーメの丘に行くには、比較的最近新設された「蒲生IC」というインターを降りるといいみたいです。このインターは、「スマートインターチェンジ」といってETC利用者のみが利用できる簡素型のIC。こんな機会でもないと使わないインターなので、初めて降りて「おおっ、こんな感じなのか。」と地味に感動〜。

 

インターを降りて、一面の田んぼと綺麗に舗装された道路からなる、のどかな風景を気持ち良く30分ほど走ると、公園の入り口に到着しました。

 

f:id:smartstyle:20170812102448j:plain

 

現地のあたりは、到着する前にひと雨あって、ちょうど上がったところみたいで、雨上がりの空気が涼しくて気持ち良かったです!それでは入ってみましょう〜。

 

園内の入場料は、大人が1,000円、四歳以上のお子さまが600円という料金設定でした。

 

建物の雰囲気など

園内に入るとさっそく、落ち着いた雰囲気のドイツふうな建物の街並みが出迎えてくれます。園内は予想以上に広く、人もそれほど多くないので、ゆったりと歩けていい感じです。

 

f:id:smartstyle:20170812103354j:plain

f:id:smartstyle:20170812103445j:plain

f:id:smartstyle:20170812111330j:plain

 

園内には、機関車っぽい形をしたバスも周遊しているので、小さなお子さま連れの方は、こちらに乗ってみるのもいいかもしれませんね。

 

f:id:smartstyle:20170812110916j:plain

 

お花など

公園内には、お花や、芝生や樹木などの緑がふんだんに施されており、歩いていてとても癒されます。秋にはコスモスも有名みたいなので、その時期にまた来てみたくなったなぁ。

 

f:id:smartstyle:20170812120137j:plain

f:id:smartstyle:20170812114919j:plain

 

公園内の中継地点的なところまで来たら、少し喉が渇いたので、売店でソフトクリームを買って、庭園を見ながらいただきました。

 

f:id:smartstyle:20170812151312j:plain

 

これはソフトクリームの終盤を雑に片付けようとして、大変なことになりかけている息子くんの図...。

 

アトラクションなど

中継地点の売店を抜けると、なにやらここまでとは違った雰囲気で賑わっているスペースが。

 

f:id:smartstyle:20170812105629j:plain

 

なんでもブルーメの丘では、この季節、夏休み&納涼的な感じで、びちょびちょになって遊べるスペースや、ポルタリング・ミニバンジージャンプが体験できるアトラクションが設置されているそうですよ。

 

f:id:smartstyle:20170812105730j:plain

 

うん、この辺からドイツ関係なくなってきましたが、息子くんはこちらの雰囲気も楽しんでいたので、良しとしましょう〜。われわれは、この日は濡れてもいい格好を持ち合わせていなかったので、ここは眺めるだけ。

 

このアトラクションは、10/9の体育の日まで設置されているそうですよ。

 

動物など

農業公園を謳っているだけあって、園内には動物を眺めたり、触れあったりできる場所もたくさんありました。

 

f:id:smartstyle:20170812105827j:plain

f:id:smartstyle:20170812110527j:plain

 

ヤギとか羊さんは、どこで見ても、何度見ても、癒されるよねぇ。

 

f:id:smartstyle:20170812105955j:plain

 

個人的には、ポニーというには体型の大きいお馬さんが、広い囲いでのんびり草を食べていたのが、ポイント高かったです!

 

食事など

園内の食事は、ドイツがテーマということもあり、ソーセージやザワークラウトが頂けるバイキング形式のレストランや、バーベキューができるお店などがあります。

 

私たちは、息子くんの「ポテト食べたい」の要望に応えて、軽食が取れるカフェに入ることにしました。

 

f:id:smartstyle:20170812110409j:plain

 

こちらの軽食は、わりと業務用の食材そのまま...というお味だったので、やっぱりレストランに入るか、もっと本格的っぽいお店のものをテイクアウトすれば良かったなぁ...と少し後悔。

 

f:id:smartstyle:20170812115232j:plain

 

ソーセージは、こちらの園内では「村」と呼ばれているエリアにある屋台のものが美味しそうでした。次回来たときには、必ずや...!

 

感想など

ご飯ではちょっと失敗しましたが、初めて訪れた「滋賀農業公園ブルーメの丘」、総じてとても楽しかったです!

 

園内は、帰省で寄り道するのにちょうど良い位のボリュームで、雨上がりで涼しかったこともあり、いい雰囲気の中を気持ち良くお散歩できました〜。

 

夏の期間限定のアトラクションなど、うちの子よりちょっと年齢が高くても退屈せずに遊べるような場所もあったので、お近くの方はこの夏休み、ぜひお子さんを連れて遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

 

営業時間・アクセス情報など

  • 住所:滋賀県蒲生郡日野町西大路843
  • アクセス:名神高速道路蒲生スマートインターチェンジから車で約20分
  • 営業時間:3〜11月は9:30〜18:00、12月〜2月は、10:00〜17:00
  • 料金:3〜11月は大人1,000円・子ども600円、12月〜2月は、大人500円・子ども300円

 

おまけ

大阪から名古屋あたりまでの間で、ちょいと立ち寄りしやすいスポットについての記事は、こちらもどうぞ。

 

www.smartstyle-blog.net

www.smartstyle-blog.net

www.smartstyle-blog.net

 

スポンサーリンク