羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

お呼びでない世代?

昔から仲良くさせて頂いていて、価値観とか大いに影響を受けた年上の友人が言っていた、記憶に残っている話の一つに、

 

30代が一番楽しい時期だよ。同世代の人が、自分の好きなものを世に出せる権限を持ちはじめて、そういう人たちが、自分が本当に使いたいサービスや商品をリリースするようになるから。

 

というのがあって、あぁ確かにiPhoneなどのガジェット系とか、ゲームとか、SNS系のサービスとか、2000年代後半から2010年代前半は、自分的にそういう「しっくりきた」ものが多くて、大いに楽しませてもらった年代だったなぁ、と思う。

 

そんな楽しかった30代もそろそろ終わりにさしかかりつつあって、そうなったら今度は、世の中で流行っているものに徐々に追いつけなくなって、楽しみ方が分からなくなる、「お呼びでない世代」になってしまうのか?と一抹の不安を覚えることも、最近では時折ある。

 

ソシャゲ系のゲームは最初から全く手を出してないし、子どもがハマっているマインクラフトも一緒にやり込んで楽しんでやろうというほどの意欲が沸いてこない。ボカロやニコ動から派生する文化も、一部のアーティストにひっかかる位で、どっぷりという程ではなく、いつの間にかブログ界隈も見回すと、目立つ書き手は20代後半のかたが多い気がする。

 

テレビドラマで40代の男女が主役を張ることなんてめったにないし、今読んでいる村上春樹さんだって、30代の空虚感はよく書いているけど、40から先のことはそんなに書いてない。あ〜、こうやって人は誰からも注目されない大人ってやつになっていくのか。そうなのか?

 

f:id:smartstyle:20170325181035j:plain

 

そんなことを書いておきながら、当の本人としては、もうすぐ40になるという実感が全くしない。20代の頃は、40歳ってもっとずっと大人で落ち着いていると思っていた。けど、相変わらず子どもの挙動一つにアタフタするし、仕事では細かいミスをやらかす。ネットで書くときの文体や内容は、20代の頃とほとんど成長がないようにも思える。ええっと、40ってこんな感じでいいんですか?いいんですよ、と誰かRADWINPSみたいに合いの手返して欲しい(そもそもあれはラブソングだよね)。

 

そろそろ何を言いたいのか分からなくなってきたので、このあたりで新年度のご挨拶と代えさせていただこうかと。ブログはだいぶん書きたいことを書ききってしまった感がありますが、引き続き子育てと関西暮らしのライフスタイルブログとして、今年度もゆるゆるとやっていきます。とりあえず、今日ははじめて出席する子どもの進級式、行ってきま〜す。 

スポンサーリンク