ワンオペ育児を超えてゆけ

旧「羊の夜をビールで洗う」。シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。たまにガジェットネタも。

無理は禁物、の言葉に説得力を感じた「自衛隊メンタル教官が教える心の疲れをとる技術」

私はメンタルが豆腐なので、メンタルをうまくコントロールするのに参考になりそうな本を定期的に読んでいます。

 

ところで、メンタルが強そうな職業って、何を思い浮かべるでしょう。医者?それとも経営者?それもそうかもしれませんが、国の有事や災害のときに、危険と背中合わせで任務をこなす、自衛官の人もメンタルが強そうです。

 

そんな自衛官の方を対象に、メンタルトレーニングや心理的ケアをする仕事に携わっている人が書いた、「自衛隊メンタル教官が教える心の疲れをとる技術」という本を読んだのですが、これがなかなか面白かったです。

 

 

この本は、自衛隊の教官の方が書かれているということで、さぞ体育会系の厳しいコトバが並んでいるのかと思いきや、本書でたびたび強調されているのは「無理は禁物」という言葉。

 

著者は、自衛隊のメンタルの強さは「長期戦を戦える力」にあるとし、そのためには「組織力」に加えて「疲労のコントロール」が重要であり、特に無意識に無理をしている状態に早めに気付いて対処することが、大切であると説きます。

 

日々タフな任務をこなしているであろう自衛官の教官をしている人にこう言われると、何となく説得力を感じますよね??

 

著者は自衛官のメンターとしての経験から、無理の蓄積とうつ病の関連についても指摘しています。無理を蓄積すると、同じストレスがいつもの2倍大きく感じ、疲労の回復にも2倍の時間がかかり「別人化」の兆候*1が見られ始める「2倍モード」、さらに症状が悪化した「3倍モード」へと段階を経て悪化する。3倍の段階になると医療の助けを必要とするレベルなので、2倍の段階のうちに疲労に気付き、休息を充分にとることが必要である、と著者は主張します。

 

かといって、休めと言われてもなかなか上手に休むことが難しい気質の日本人。本書では、そんな無理をし続ける人に向けた、適度な目標設定の方法や、周囲の人間からのケアの仕方などの提案が、具体的かつ分かりやすく記述されていて、参考になる点が多かったです。

 

本書の後半では、無理の他にも、無駄とムラ、という切り口から、心のエネルギーの出し方を上手にコントロールするための対処法が提案されており、こちらも自分と近しい職業の方からは得られにくい気づきをもらった気がしますよ。

 

日々のお仕事で、メンタルのコントロールに思い悩んでいる方がいたら、もしかしたら何らかの役に立つかも。気になった方はぜひお手に取ってみてくださいね~。

 

*1:いわゆる抑うつ状態のことを指していると思われる

スポンサーリンク