羊の夜をビールで洗う

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

classic Macの形をしたApple Watch充電スタンドを買ってみたよ。

今使っているPCはもう5年選手なので、今年こそは新しいマシンを買ってやる!と意気込んでいた私。

 

そんな私に、今日はついに新しいマシーンが届きました〜。さっそく、開封の儀をしていきますね...!

 

f:id:smartstyle:20170412205308j:plain

 

ドキドキ...!

 

f:id:smartstyle:20170412205337j:plain

 

じゃーん!初代classic Macです!!

 

ネット接続環境どころか、日本語にすら対応していない、メモリがたった128kのマシンですが、計算機エンジニアたるもの、こういうプリミティブなマシンで、初心に返って学び直すのもいいんじゃないかと思いましてね。

 

Macintosh 128K - Wikipedia

 

って、タイトルでネタバレしとるがな...と思いながら、ここまで読んで頂いた読者の皆さまはありがとうございます。タイトルの通り、こちらは本当はclassic Macの形をしたApple Watchの充電スタンドです。またつまらぬ小物を買ってしまった...。

 

でも封を開けてみたら、期待以上に愛くるしくて、使い勝手も良さそうな感じなので、引き続きレビューしていきますね。

 

f:id:smartstyle:20170412205535j:plain

 

先ほどの説明書の紙を取ると、中はこんな感じになっていて、丸い空洞にApple Watchの充電に使う丸いコネクタがスポっと嵌ります。素材はシリコンなのですが、まさに昔のMacを思わせる乳白色で、色や質感の再現性は高いです。

 

f:id:smartstyle:20170412205604j:plain

 

後ろから見るとこんな感じ。ケーブルが後部から伸びているのも、本物のマシンっぽくていいですよね。

 

f:id:smartstyle:20170412205751j:plain

 

ケーブルのセットアップが終わったところで、いよいよApple Watchをスタンドにセットしてみると、こんな感じになります!電源に接続された状態にして、ナイトスタンドモードで使うのがオススメみたいですよ。

 

それにしても、か、かわぇぇ...!Apple Watchのディスプレイは縁が曲面なので、それがCRTディスプレイっぽさを演出するのに一役買っている気がしますね〜(もはや非常にどうでもいい領域の話)。届くまでは正直そんなに期待してなかったんですが、思った以上のハマり具合に満足です。

 

こちらの商品は、私がよくお世話になっているオンラインの雑貨店「アシストオン」さんで購入しました!(相変わらず送料高いけど)

 

www.assiston.co.jp

 

同じような形状のものを、Kickstarterでも見かけたような気がしますが、どこかの会社がいち早く商品化したのでしょうか...?いずれにしても、Apple Watchを持っているApple好きな方なら、満足できる一品だったのではないかと!

 

それにしても、この手のモノは、近い未来にCADの図面だけ買って、自宅や最寄りのお店にある3Dプリンタで出力する...みたいな時代が来そうですよね。今からお子さんにコンピューター覚えさせるなら、プログラミングもいいけど、CAD技術を身につけさせても個人で活躍できる時代が来ているのかも!?

 

 

スポンサーリンク