読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

東京(な曲たちのプレイリスト)。

音楽

私よりもある意味ロックかもしれない元パートナーさんは、今東京にいてはるらしいです。

 

少々意外な決断に「なぜ今?」「ほんとにいけるん?」という思いが交錯して、ひさびさに電話で言い合いになってしまったのは、もう一ヶ月も前のこと。

 

ひと月経って会ってみたら、ちゃんと仕事も見つけてて(こういうときに東京の仕事の数と賃金の高さはやっぱりすごいと思う)、忙しそうだけど、それなりにやれてそう。

 

こういうすれ違いに、頭ごなしの物言いをしていたのが良くなかったんだよな〜、とか、彼女が本当はどうしたかったのかなんて多分ちっとも分かってなかったのだろうなぁ、と、帰られてからいろいろしみじみしてしまいました。

 

しみじみしてしまったときには音楽に限ります。というわけで、東京をテーマにしたプレイリストでも作ってみますか。もちろん私の趣味100%で。

 

まずは上京の曲からいきます〜。

 

くるり 「東京」

youtu.be

 

東京の街に出て来ました

あい変わらずわけの解らないこと言ってます

恥ずかしい事ないように見えますか

駅でたまに昔の君が懐かしくなります

 

くるりのメジャーデビューシングルですね。メジャーデビューと上京、というどこか類似した節目にあたって、内心おどおどしつつも強がってみせる、そんな心境が垣間見られていいですよね。

 

チャットモンチー 「東京ハチミツオーケストラ」 

ハチの巣みたいだ 東京

働きバチの行列だ

私はまだやわらかな幼虫

甘い甘い夢を見てる

 

こちらはチャットモンチー初のフルアルバムの一曲目。アルバム曲なので、さすがに動画は、コピーバンドしか見あたらなかったのですが、高揚感がかわいくて好きな、上京の曲です。

 

PIZZICATO FIVE 「東京は夜の七時」

www.youtube.com

 

ぼんやりTVを観てたら
おかしな夢を見ていた
気がついて時計を見ると
トーキョーは夜の七時

 

続いて、キラキラした大都市のイメージの曲いきます(あれ、これも動画のリンクにならない...。まぁいいか)。ピチカート・ファイブ5枚目にして、おそらく最も有名なこのシングル、1993年の曲なのに色褪せた感じがしないのは、さすが小西さんのセンス。ちょっとバブルの名残は感じるけどね!

 

DAOKO 「ShibuyaK」

youtu.be

 

ハチ公前 待ち惚け
一般 ピーポーを越えて
スクランブルを交差して
TSUTAYA スタバ ビル QFRONT

 

時計の針を一気に進めて、ニコ動出身ラッパー、DAOKOさんの曲を。これまでベールに包まれていたDAOKOさんが、初めて顔出しで臨んだ気合いのこもった一曲。「ShibuyaK」とはなんて大胆不敵なタイトルな!と思っちゃったけど、先輩渋谷系アーティストに決してヒケをとらないクールさはさすがです。

 

東京事変 「群青日和」

youtu.be

 

新宿は豪雨
あなた何処へやら
今日が青く冷えていく東京
戦略は皆無
わたし何処へやら
脳が水滴を奪って乾く


渋谷の次は新宿...ってな感じで、東京事変のデビューシングルを。東京と言えば、新宿系ロックシンガー、椎名林檎さんは外せませんよね。そういえば、私、新宿ってあまり縁のない街でした。路線的に渋谷まででお腹いっぱいになってたタイプ。

 

KAN 「東京ライフ」

youtu.be

 

Thursday 地下鉄が君の仕事場まで のびたから
Friday 少しだけ 気分的に楽になる

I live up to a Tokyo Life

 

シンガーソングライターとして活動するミュージシャンも、東京をテーマにした名曲を数多く生み出していますよね。KANさんは「愛は勝つ」の大ヒットの後も息の長い活動をされていて、根強いファンが多いですよね。その中でも、ピアノのメロディがとても綺麗で、好きな一曲です。

 

サニーディ・サービス 「東京」

youtu.be

 

おんぼろ列車に乗って田舎道
銀の帆張った船は海の上
ぼくも駆け出そうか
今日は街の中へ
瞳の中で風が吹いて

 

最後は、サニーディ・サービスの名盤「東京」から。このアルバムも今年で20周年ですってよ!そりゃあわれわれも年を取りますわな。

 

というわけで、私のiPhoneで「東京」と検索しただけでも、結構いろんな曲が掘り出されました。「東京」な曲やバンドは世の中にたくさんありますが、みなさんはどんな「東京」の曲が好きですか?

 

 

おまけ

そのほかに作ってみたプレイリストのエントリはこちら。

www.smartstyle-blog.net

 

www.smartstyle-blog.net

スポンサーリンク