羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

シングルファーザーは管理職の夢を見るか?

八月が始まって、最初の一週間が終わりました。実は、今働いている会社は七月が年度の締めなので、八月は年度の始まりでもあります。そこで、今回は適当にフィルターかけつつ、お仕事の話でもしてみます。

 

年度が始まると、結構体制って変わりますよね。私が今いるチームでも、サプライズ人事はなかったのですが、少しだけ変化がありました。

 

どういうふうに変わったのかというと、これまでは、

 

 

という体制だったのが、

 

  • 上司(マネージャー)ー私(リーダー)ードライさん、他

 

という体制に変わりました。つまり、ドライさんと私がリーダーを交代した格好です。(イケメンさんも別のチームのリーダーになりました)

 

立場的には、これまで大体ドライさんがアーキテクト、私がPMをしており、前期は大きな機能変更があったので、ドライさんの方がリーダーに適任だったのですが、それが一段落して細かい対応を量こなす必要のある今期は、リーダーは私がするのがいいだろう、ということみたいです。

 

あくまでチーム内での役割変更で、役職や給料に変更があるわけではないのですが、責任は増えました\( ̄▽ ̄;)/ 。

 

まー、チームリーダーは前にもやったことがあるし、こちらのほうがむしろ自分の裁量で作業分担を調整できたり、言いたいことが言いやすくなることもあるので、リーダーをやることにとくに抵抗はありません。

 

ただ、今いる組織も少しづつ大きくなっており、直属の上司は今回の体制変更で「えらいマネージャー」に昇格したので、これまでのマネージャーのポジションは、厳密に言うと空いた格好になっています。これは、もしかしたら私かイケメンさんに、マネージャーのリーチがかかっているのかな?

 

マネージャーかぁ。なれるものならやってみたいけど、今の私の働き方でできるかなぁ...。

 

チームリーダーからマネージャーになると、お給料がぐっと上がる代わりに、上からの目線が一気に厳しくなって、進捗や結果を厳しく詰められる頻度も増えてきます。現場で大きなトラブルがあったときには、責任者として夜遅くまで陣頭指揮を取るマネージャーも少なくありません。

 

私はこのとおり、5歳の子持ちのシングルファーザーなので、今は子の迎えのためにほぼ定時で上がって、緊急のときには自宅から会社のパソコンに入って対応する、という働き方でなんとかここまでしのいでいます。果たしてこの働き方が、マネージャーになっても通用するでしょうか?

 

実際、強制的に定時帰りする必要のある今の働き方は、やってみると毎日が工夫と瞬時の判断の繰り返しです。スキマ時間を少しでも有効活用したり、期限が厳しいタスクは、なるべく早く作業分担を調整する判断をしたり、という働き方にはなってきたと思いますが、今後はさらに工夫がいりそう。

 

ま、といっても、来年マネージャーになるのかはまだ全然分からないのですが、今期はマネージャーになっても困らない働き方を模索しながら、目の前にたっぷりと積まれている仕事を回していく一年、となりそうです。

 

スポンサーリンク