羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

ストレスをいい感じにコントロールする。

お仕事の負荷が上がってくると、「なんか最近ストレスが溜まってきたな〜」って思ってしまいますよね。ストレスを溜めすぎると、イライラしたり体に変調をきたしたり、と何かとよくないことが起こる気がします。

 

ですが、あんまり緊張感がないのも考えものなのでは。すぐにできることに時間がかかったり、眠くなってしまったり...。昨今の世の中では、「ストレス」という言葉のネガティブなイメージがとても強い気がするので、ストレスなんて極力ない方がいいように感じる人が多そうですが、適度な緊張感というのはやはり必要なのだと思います。

 

じゃあ、どのくらいのストレスや緊張感が適量なのか?を考えたときに、ちょっと前にベストセラーになった「課長の教科書」というビジネス書に載っていたチャートが、自分にとっては分かりやすかったので、いつも頭の片隅に置くようにしています。

 

f:id:smartstyle:20170208204211j:plain

 

本からテキトーに書き写したので、字がアレですが、チャートは縦軸が仕事のパフォーマンスの高さ、横軸がその人にかかっているストレスの量を表しています。

 

チャートは、四つのゾーンに分かれています。

  • 1は、ストレスが低すぎてパフォーマンスが低下している状態
  • 2は、ストレスをかけるほどパフォーマンスがあがる状態
  • 3は、ストレスをかけるほどパフォーマンスがさがる状態
  • 4は、ストレスが高すぎてパフォーマンスが低下している状態

を表しています。ストレスの量に応じて、このようにパフォーマンスが変わることは、自分が仕事をしている中でもなんとなく実感がある気がします。

 

理想的といえるのは、2のゾーンにいるときですが、イノベーションを生み出すためには、3の状態で仕事をすることも時には必要であるそうです(スティーブ・ジョブズの下で働くようなイメージ?)。

 

この本は、部下のマネジメントについて書かれた本なので、マネージャーとしては部下のストレスレベルが、ゾーン2とゾーン3になるようにコントロールすることと、ゾーン2とゾーン3のメンバの適切な混成比率を見極めること、が大事であると書かれています。

 

このチャートを見てからは、自分自身が仕事でストレスを感じるときにも、「今自分はどのゾーンにいるのかな?ゾーン1や4に陥っていないだろうか?」と、自分にとってのストレスの適量を意識しながら、仕事に取り組めるようになったと思います。

 

もともとストレスを管理するのが上手な人にとっては、当たり前すぎる話でつまらなかったかもしれませんが、私がいつもビジネス書や自己啓発本を読む時は、こういう自分にとって使いやすいチャートが一個でも見つかればもうけもの、という位の心持ちで読んでいる気がします。

 

何か気に入ったチャートを見つけたら、こうして手帳に書き留めておいて、仕事のお守りにしてみるのもいいかも、ですね!それではまた〜。

 

 

おまけ

よろしければ、こちらもどうぞ。

www.smartstyle-blog.net

 

スポンサーリンク