羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

「PlayStation 4 グランツーリスモSPORT リミテッドエディション」開封の儀

ひさびさの更新ですが、お買い物レビューから肩慣らしをさせてください。

 

わが家の据え置き型ゲーム機は、2008年くらいに買って、一度基盤が壊れて修理した初期型のPS3が8年くらい稼働しており、ゲームにtorneと活躍していたのですが、最近さすがにファンがうぉんうぉんとうるさくなってきたので、この度PS4にリプレースすることにしました。

 

 

そこで上のノーマルPS4を買っても良かったのですが、Amazonのプライムセールで安いときに買いそびれたのと、PS4もいい加減後期モデルに入ってきているので、ちょっと変わったモデルがいいな、と選んだのが、「グランツーリスモSPORT リミテッドエディション」

 

大作ゲームタイトルの発売に併せて発売される、PS4の限定版にはさまざまなバリエーションがありますが、その中でもこのモデルは落ち着きのあるカラーリングでいいな、って思ったんですよね。勿論、同梱されるグランツーリスモも好きなゲームですし。

 

というわけで、さっそく開封していきますよ。

 

まずは箱から。こっちが表側で...

 

f:id:smartstyle:20171019192014j:plain

 

こっちが裏側。なんかクルマ愛を感じる、カッコいい箱ですよね!

 

f:id:smartstyle:20171019191956j:plain

 

なお、PS4のモデルは、Pro版ではない方のHDDが1TBのモデルになっています。

 

引き続き、中を開けると、箱が2つに分かれていました。

 

f:id:smartstyle:20171019192138j:plain

 

左がPS4本体、右がグランツーリスモのソフトの箱でしょうか。それにしても、ソフトの箱にしては随分大きい...。

 

f:id:smartstyle:20171019192150j:plain

 

箱を開けた中に入っていたのは、ソフト本体と、「Gran Turismo Magazine 2017」と題されたビジュアルファンブックでした。

 

f:id:smartstyle:20171019192345j:plain

 

このビジュアルファンブックがなかなかカッコいい。全ページフルカラーで、「そもそも車とは云々...」みたいな解説もあって、厚みもずっしり。普通に子どもが図鑑として楽しめそうな感じ。

 

f:id:smartstyle:20171020194338j:plain

 

さて、今度は本体の方の箱を開けてみます。

 

f:id:smartstyle:20171019192204j:plain

 

中を開けると、グランツーリスモエディション限定カラーのPS4とコントローラーが。

 

f:id:smartstyle:20171019192643j:plain

 

どちらもこの角度からは分かりにくいのですが、シルバーとブラックのツートンカラーになっています。

 

本体と、コントローラーのタッチパッド部分にプリントされているグランツーリスモのロゴも、主張が強すぎない程度でカッコいいです。

 

ここで、気づいたんですが、PS4って付属品に縦置きスタンドは付いてこなくて、別売りなんですね...。こちらは慌てて、Amazonで追加注文しました。

 

f:id:smartstyle:20171020211250j:plain

(追記)その後縦置きスタンドも届いたので、取り付けてみた。うん、縦置きした姿もなかなか。

 

PS4のコントローラーは、初めてちゃんと触ったのですが、PS3のものよりも思ったより大きくて、慣れるまで少し時間がかかりそうです。

 

以上、昨日の発売日に届いた「PlayStation 4 グランツーリスモSPORT リミテッドエディション」の開封の儀をお届けしてみました。

 

ファーストインプレッションとしては、購入前の期待通り、シックなカラーリングが私好みで、お部屋に置いても雰囲気に合っているので、大満足です!

 

ソフトは、同梱のグランツーリスモとPS4版のドラクエ11を購入したので、どちらも少しづつプレイしていきたいです~。

 

あと、PS4は、PS3で使っていたtorneが使えないので、TV録画したかったらnasneも買わなきゃですね。こちらは、もう少し財布に余裕のあるときに...。

 

スポンサーリンク