読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

ブログの卒業は寂しいことではなく、祝福されるべきことなのではないか。

ネット ブログ

ブログを書いたり読んだりすることをしばらく続けていると、いろんな人がブログを書き始めたり、自分のブログにコメントを書いてくれるようになるのを目にするようになります。

 

そういった人たちの中に意見や趣味の合う方がいて、はじめのきっかけからは思いもよらぬくらい、長くお付き合いをさせて頂くことがある一方で、いつも楽しみに読んでいたブログがそっと更新されなくなったり、そういえば最近コメント欄で見かけなくなったなぁ、ということもよくあります。

 

人によっては、そういうことを寂しいと感じる人もいると思うのですが、ブログに関して言うと、これはある意味祝福されるべきことなのかも、ということをふと思いました。

 

というのも、その人がブログを離れたタイミングは、その人がブログと関わるきっかけになった目的が満たされたタイミングなのではないか?と思ったからです。

 

よっぽど強い意志を持って、「稼ぎたい!」とか「有名になりたい!」と思ってブログを書いているのではない限り、多くの人はおそらく他に何か目的を持ってブログを続けています。

 

以前にも書きましたが、ブログには書くことによって目的に対する考えが整理される効果があったり、時にはブログに言葉を吐き出すだけで目的が満たされることもあるのではないかと、私は考えています。

 

ブログをそっと離れられた方というのは、そういう道具としてのブログをうまく使い切って、目的を果たしたからこそ、ブログという道具を手放したのではないか、と考えました。

 

このブログには、間に合わせ程度にお問い合わせフォームを設置しています(いや、お問い合わせも全然歓迎なんですが)。

 

このお問い合わせフォームに、Eメールを通じてきたお問い合わせは、これまでに2度。そのうちの一回は、先のワンオペ記事のきっかけとなったお問い合わせです。

 

もう一人、お問い合わせメールをくれた方は、ブログを書かれていた方で、私のブログに書かれているあるテーマで、私と似たような問題を抱えられていました。その方とは、その後も何度かメールやコメント欄でやりとりをさせて頂いたのですが、その方のブログは、ある決意を持って書かれたエントリを最後に更新が止まっています。

 

私は、その方に「その後どうですか?お元気ですか?」と自分から聞いてみることはたぶんしないだろうし、自分とのやり取りがその方の決意に影響したなんて決して思い上がったりはしないですが、 その方のブログが止まった経緯がそういうことであればいいなぁ、とは心の底から思います。

 

問題を抱えているのではなくても、ある明確な目的を持ってブログを書かれている方のブログというのは、ついつい読んでしまいます。その目的について書かれたことも、目的から派生して起こる出来事の話も(不謹慎な意味でなく)面白くて、いつもいろいろ考えさせられる。

 

そういうブログがふと無くなってしまうことがあるのは、やっぱり寂しいし、雑記だけでも続けて読みたいな〜、と思うこともあるけど、目的が達成されたことが理由でブログが無くなるのだとしたら、まずは「おめでとう〜」と祝福したいなぁ、と思います。

 

このブログも、いつか「もういいや」と思うときが来るのかなぁ。そう思うことがあるとしたら、どんな時だろう。でも自分は書くことが楽しいので、「サブタイトルだけ変えて、もうちょっとだけ続けてしまえ。」って考えるのかも(笑)。

 

日々新しく生まれては、いつの間にか消えていくたくさんのブログを眺めていて、ふとそんなことを考えたのでした。

 

f:id:smartstyle:20170122085532j:plain

 

おまけ

いつの間にかブログ論っぽい記事がだいぶん溜まってきたので、一つのサブカテゴリを作りました。よろしければどうぞ。

 

www.smartstyle-blog.net

スポンサーリンク