羊の夜をビールで洗う

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

父の還暦祝いにホテルの宴会プランを利用してみたときの話。

今日も岐阜県にスポット帰省中です。帰省のときの思い出、として、だいぶ前の話になるのですが、父の還暦祝いをするときに、ホテルの宴会プランを利用して、ちょっと豪勢めにやってみたら、満足度が高くてよき思い出になった話をしてみます。

 

そのときに宴会プランを利用したホテルは、地元にある「岐阜 都ホテル」です。

 

www.miyakohotels.ne.jp

 

岐阜 都ホテルは、昔岐阜県で博覧会が開かれて、その後は国際会議場やスタジアムなどの複合施設となっている「岐阜メモリアルセンター」に隣接しているホテルです。岐阜の名物である鵜飼を楽しめるスポットからも近い、岐阜市内の代表的なホテルの一つです。

 

ホテルの宴会プランは、結婚の際の両家顔合わせや同窓会などで利用されることが多いかと思いますが、還暦のお祝いで利用する方も結構いるようで、利用目的を伝えたらホテルのスタッフの方が手慣れた様子で、いろいろプランを提案してくれました。

 

その当日の流れや様子を、少しだけ写真で振り返ってみます。

 

f:id:smartstyle:20130428155711j:plain

 

ホテルへは三世代の家族合わせて10人前後で移動する必要があったので、マイクロバスの送迎を利用しました。自分たちで移動すると、ドライバーの人はお酒を飲めませんから、全員気兼ねなく宴会を楽しむにはこうした方がラクですね。

 

f:id:smartstyle:20130428163343j:plain

 

ホテルのロビーの様子です。案内板には、ちゃんと会場のフロアの案内が表示されています。この日は鵜飼のシーズンの少し前の時期だったので、長良川鵜飼のポスターも掲げられていました。

 

f:id:smartstyle:20130428171007j:plain

 

宴会場の中の様子です。10人前後で使う一番小規模の宴会場ですが、天井のシャンデリアやテーブルクロスなどは、ホテルだけあってさすがに上品な雰囲気です。

 

f:id:smartstyle:20130428170144j:plain

 

当日司会進行役を務めてくれた姪っ子ちゃん姉妹です。姪っ子ちゃんはこの日に向けてかなり気合いを入れて準備をしてくれて、この後も獅子奮迅の活躍をします。

 

f:id:smartstyle:20130428165441j:plain

 

この日の主役である父です。思ったよりも大がかりなことになっていたので、席についてもなにやら落ち着かない様子をしていました。

 

f:id:smartstyle:20130428171539j:plain

 

宴会で出た前菜のお皿です。この日は雰囲気重視で、料理は一番お手頃なコースにしたのですが、それでもボリュームは十分だったと思います。

 

f:id:smartstyle:20130428172201j:plain

 

ええっと、誰だっけこの丸い顔の子は。あ、うちの息子くんか。これ、3年ほど前の写真なんですが、今と全然顔が違うなぁ〜。息子くんはホテルに着くまでお昼寝していて、宴会では寝起きでご機嫌ナナメでしたが、徐々にテンションを上げてました。

 

f:id:smartstyle:20130428175644j:plain

 

宴もたけなわになってきたころに、姪っ子ちゃんたちがいろいろ余興をしてくれました。ここでは、これまでの父(姪っ子にとっては祖父)の歩みを新聞にして発表しています。他にも、当時流行っていたCOWCOWの「あたりまえ体操」のパロディを踊ってみたりと、予想以上の仕込みでみんな驚いていました。

 

f:id:smartstyle:20130428184041j:plain

 

最後に姪っ子ちゃんより、手紙と記念品の目録を手渡して宴会は終了です。姪っ子ちゃんのおかげで、単なるお食事会以上に、キチっとした行事っぽくなったので、彼女たちの活躍にも拍手です。

 

f:id:smartstyle:20130429055354j:plain

 

宴会が終わった頃に、会場から外の景色を撮影した写真です。中心を流れる川が長良川、右上の山の頂上にちょこっと突き出ているのが岐阜城です。右下には鵜飼いで使われる屋形船が見えます。岐阜市内の観光の典型的な一風景となっています。

 

岐阜県には海はありませんが、この周辺の雰囲気はとても静かで、観光で宿泊されてもゆったりとした時間を楽しめると思います。川の左側にはランナー向けのトラックロードがありますが、こちらはアテネ五輪金メダリストの高橋尚子さんも学生時代にトレーニングされた道だそうですよ。

 

以上、還暦のお祝いをするときに、ちょっと贅沢めにホテルの宴会プランを利用してみたときの話をまとめてみました。費用はそれなりにかかりましたが、われわれは三人兄弟なので(お互いの経済状況を加味して)負担を分担したことで、現実的な範囲には収められていたと思います。

 

当時は、まだ息子くんも同い年の弟の娘も歩きたての頃で、やんちゃし放題だったので、レストランよりも融通が利いて、プライベートを確保できる宴会場は有り難かった記憶があります。そのようなケースでもちょっとしたお祝い事に宴会プランを使ってみる、という選択肢はありかもしれません。

 

ちなみに数年後には、同じく地元で母の還暦祝いをしたのですが、われわれ兄弟がそれぞれ転職していたり家を建てたり、と経済事情に変化があったため、母のときはしゃぶしゃぶの「木曽路」の個室でお食事会、と少し控えめな感じになってしまいました。ごめんよ、母。

 

ただ、木曽路もこのとき初めて行ったのですが、意外とこういう用途では使いやすいな!という感想を持ったことも最後に付記しておきます。

 

スポンサーリンク