読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

息子くんがクラスではじめて1ばんを取った日。

こども

今日はこの後出勤ですが、会社的には昨日が仕事納め。今日は休日出勤扱いで、いつもより少しだけゆったりした朝なので、朝からひさびさに親バカエントリでも。

 

息子くんは、保育園で日々いろんな制作物を持ち帰ってくるのですが、昨日はなかなかの傑作を持ち帰ってきました。

 

f:id:smartstyle:20161228062101j:plain

 

なんと手づくりのマフラーです!黄色のボンボンの取り付けは保育園の先生でしょうが、マフラーの部分は、五本の指に毛糸を絡めて、指で編んでいます。途中まで編み終わったものは、牛乳パックを手の形に切り取った置き台において、日々少しづつ編み進めていたようです。5歳児ってすごいな〜。もうなんでもできるね!

 

この指編み、それでもやっぱりクラスのお子さんによって進み具合に差があったようです。指編みを覚える途中に違う遊びを始めてしまったりとか、置き台に置くのを失敗して始めから、になってしまったりなど...。

 

そんな中で、息子くんはこの手編みのマフラーを完成させたのが、クラスでいちばん早かった、と担任の先生から教えて頂きました。なので昨日は「子どもがクラスではじめて1ばんを取った」記念日です。

 

こういうのを作り上げるのが早い、というのは日常を見ている親なりに納得感があって、息子くんはまだ文字の読み書きはおぼつかないものの、ブロックや積み木などの小さいものを組み立てる系の作業が得意な方なのだと思います。

 

三ヶ月くらい前にも、ブックファーストなどでよく見かけるブロックのおもちゃ「LaQ」で、いつの間にか複雑な形状の飛行機を組み上げていて、驚いたことがあります。

 

f:id:smartstyle:20160924152128j:plain

(この飛行機、車輪がちゃんと格納できるのです。すごいでしょ?)

 

ラキューは保育園でも遊んでいて、そちらで組み立てていたものを復元したようなのですが、それにしても何も見ずに復元したことに親ながらなかなか感心しました。

 

普段の子どもの行動を見ていると、思わぬ作業が、やらせてみたら実は得意だったりして、意外に感じることがたまに起こります。例え、それが親が期待していたものと少しずれていたとしても、しばらくは子どもが好きで得意な分野を尊重して、見守ってあげられたらいいなぁ、と思います。

 

おまけ

好きや得意を突き詰めた人の本を読んだ話はこちら。

www.smartstyle-blog.net

スポンサーリンク