羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

ハンドスピナーをAmazonで検索したら、どこから買えばいいのか全く判断できないカオスを見た。

最近、ハンドスピナーってちょっと流行ってますよね。

 

f:id:smartstyle:20170605194715j:plain

(出典:Amazonのとある商品ページより。下に述べる理由より今回はアフィ貼ってません。)

 

ハンドスピナーとは、指の上で回して遊ぶコマのおもちゃで、回転部にベアリングを使用しているので、一度回すと数分回り続けるものもあるのだとか!回転時にかかる遠心力の感覚がクセになって、ついつい手持ち無沙汰のときに回し続けてしまうらしい。

 

何でも、もともとは病気の子どものために考案されたおもちゃらしく、確かに買ったら子どもも食いつきそう。そんなに高価なものではなさそうだし、ちょっと私も欲しいかも、とAmazonで検索してみたら...

 

出てくる出てくる。いろんな形状や値段の製品が...。

 

ハンドスピナーは、元を辿ればこの会社のものが元祖!というものがあるのかもしれませんが、中国の工場や3Dプリンタなどで簡単に製造できてしまうので、流行りに乗じていろんな業者が類似品を出しまくっている、プチバブル状態にあるようです。

 

そこで、私がAmazonでいつもしているように、レビューを頼りにマトモそうな商品を探してみたのですが...なんかどれもこれも怪しいんですよね〜。

 

「商品説明の写真とまったく違う、ロゴもなく質感もチープなものが届いた。」

「一、二週間発送を待たされたのに、箱もなくビニール袋に入れただけのものが送られてきた。」

「しばらく回していたらすぐに10秒も回らなくなった。」

「回していると、油がしみ出してくる。」

 

などなど。Amazonで売られている商品の、製造元は中国のものが多いようですが、どういう環境下で製造されたものか分からない商品の油が、子どもの手に付いて、あわよくばその手をそのまま口に持っていかれたら...とかあまり考えたくないですよねぇ。

 

商品のタイトルに「日本製!」「正規品!」を謳っている商品のレビューでもそんな感じだったので、「こりゃカオスだな...」と私はページをそっ閉じしました。

 

 

私がAmazonで商品を買うときは、元から購入したいメーカーが決まっている商品が多いので、どこで買っても間違いはあるまい、とこれまであまり不安を覚えることはなかったのですが、商品によってはこんな状況になっているものもあるのか〜、とAmazonの違った一面を見た気がしました。 

 

ちなみにハンドスピナーは、バンダイの子会社のメガハウスという会社が参入して、6月にも商品を発売するみたいですね。

 

getnews.jp

 

ハンドスピナーが気になるな〜、と思われている方は、焦ってAmazonで売られている怪しい商品を掴んでしまうよりも、日本のメーカーを経由したちゃんとしたものを入手した方がいいかも、ですよ。

 

スポンサーリンク