読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

近づく、ハロウィン。

スナップ 暮らし こども

子どもの頃には盛り上がってなかったのに、いつの間にかメジャーになった季節のイベントってありますよね。節分で恵方巻きを食べる風習なんかもそうですが、10月末の収穫祭のイベント、ハロウィンもそうだと思います。流行り始めた頃は「カボチャ...?お化け...?お菓子...?」といった感じでしたが、最近ではすっかり定着した感があります。

 

この季節になると、子どもの通っている保育園でも、ハロウィン当日のために、どこからかやってきた、大きなカボチャが入り口の近くでスタンバイしています。こういう新しめのイベントに大人になってから乗っかるのはミーハーかなぁ、と思いつつも、10月は子どもの誕生月でもあるので、これ幸いとばかりに、10月になると街のところどころで見られる、ハロウィンの飾りの雰囲気を楽しんでいます。

 

f:id:smartstyle:20151029184844j:plain

(こちらは去年の様子)

 

ハロウィンと言えば、最近では大きな街中だと、仮装をする若者たちも多く見かけるようになりました。大阪だと、ハロウィン当日の大阪駅や梅田駅の周辺は結構カオスです。昨日のフラッシュモブもそうですが、こういうのは公共性の問題も絡むので、眉をひそめる大人もいるかもしれませんね(私は、卒業式に仮装をする風習の大学を出ているので、あまり人のこと言えない...)。

 

大人の仮装はともかく、子どもが小さな精霊や魔女の格好をして、お菓子をもらいにねり歩く姿はかわいいものですよね!ちょっと滑舌が足らないしゃべり方で、「おかしをくれないといたずらするぞ!」なんて訪ねてこられた日には、そりゃ「もってけドロボー」ともなっちゃいます。

 

というわけで、賛否両論のハロウィンですが、わが家では子どもが楽しんでくれているうちは、まんまと乗っかって楽しんでいきたいと思います。トリック・オア・トリート!(<気が早い)。

 

 

スポンサーリンク