羊の夜をビールで洗う

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

奈良公園に新年初ドライブに行くも、鹿をトラウマにさせてしまった。

新年二日目の今日は、朝から張り切ってドライブに行くぞ〜、と昨年に引き続き、奈良に出かけました。

 

そろそろお休み明けに向けて、時差ぼけの回復も...と、いつもの平日朝と同じタイムスケジュールをこなして、7時過ぎに奈良へ出発。まだ正月二日目なので、道路も空いていてスムーズだったので、8時半くらいに奈良市中心部へ着いてしまいました。

 

奈良に車でお出かけするときには、奈良県庁の裏にある「登大路自動車駐車場」に車を停めるのがいい感じな気がします。商店街のある近鉄奈良駅と、東大寺・春日大社の参道入口の中間点あたりにあるので、どちらからもアクセスが良くて付近を周遊するのに便利です。(お正月は9時過ぎには満車になってしまいますが。)

 

Google マップ

 

着いたらさっそく、奈良公園周辺をお散歩すると、相変わらず鹿が景色に溶け込んでいます。鹿は神の使いとも言われているので、正月から見かけるとおめでたい気がしますよね。

 

f:id:smartstyle:20170102085802j:plain

 

奈良で初詣といえば、春日大社に行くのが普通だとは思うのですが、春日大社までは結構歩かないといけないのと、お正月は激混みが予想されるので、子連れのわれわれは今年も東大寺に向かいます。

 

f:id:smartstyle:20170102091151j:plain

 

東大寺に子どもを連れて行ったなら、大仏さんの鼻の穴と同じ径の柱の穴をくぐる「柱くぐり」をやらせてみたくなるのですが、今年も息子くんはやろうとしてくれませんでした。なんでだろ?普段は迷路とか、狭いところが好きな子どもなのに。

 

正月から、デカくてありがたいものを拝んだあとは、同じく奈良公園にある興福寺の横を通り抜けて、奈良駅前の商店街に向かいます。

 

f:id:smartstyle:20170102100533j:plain

(興福寺の五重の塔) 

 

ここまで歩いたら、大分身体が冷えてきて、小腹も空いたので、商店街にあるカフェで、早めのお昼を頂きました。カフェに置いてあった奈良のガイドブックをめくっていたら、奈良の他のエリアにもオサレなカフェや雑貨屋がたくさんありそうだったので、このブログも奈良コンテンツをもっと強化したくなりました!

 

今日はカフェでしたが、もう少し息子くんが大きくなってきたら、この辺りにあるクラシカルなホテル「奈良ホテル」で少し贅沢なランチってのもいずれやってみたいですね(ビーフシチューやカレーとかでいいから!)。

 

お昼を食べた後は、商店街を抜けて近鉄奈良駅まで出た後、駅から再び奈良公園まで歩いて、駐車場近くまで戻ってきました。

 

f:id:smartstyle:20170102105429j:plain

(商店街の写真、あんまり奈良感がなくてすみません...)

 

f:id:smartstyle:20170102110050j:plain

(駅から奈良公園までの道はひろびろしていて歩きやすい)

 

もう車に戻ろうか、という頃合いに、息子くんに鹿せんべいを買うようにせがまれたので、一つ買って、最後にもう一度奈良公園の鹿と戯れていたのですが、ここで事件発生。

 

f:id:smartstyle:20170102110714j:plain

(この鹿はちゃんと食べてくれたのですが...)

 

途中の何頭かまでは、順調に鹿の餌付けに成功していた息子くんですが、せんべいがなくなりかけた頃にあげようとした一頭の鹿に、軽く突進されてしまったのでした*1 。奈良公園入り口付近の鹿は、すでに鹿せんべいを食しすぎて、お腹いっぱいになっていた鹿が何頭かいたのですが、その鹿もそのうちの一頭だったのかも。

 

前もって、体格の大きい鹿と、角が生えかけている鹿には近づかないように言ってあったので、特に事なきを得たのですが、良かれと思った行為を無下にされ、はじめて野生の動物の厳しさと向き合った息子くん。その後、激凹み->激おこぷんぷん丸で、「今度あそこに行ったらゆるさないからな!」とまで鹿への好感度が豹変してしまいました。

 

え〜、正月に奈良に行くの、わりと気に入っていたので、定番行事にしようと思ってたのになぁ...。来年また付き合ってくれるかなー。でも記憶力のよい子だから、きっとこのこと来年まで覚えてるだろうな...。などと思い返しながら、帰路についたのでした。

*1:奈良公園の鹿は基本的には大人しいのですが、場所や時期、鹿との接し方によっては、人を攻撃したり驚かせたりすることもあるので、小さなお子さまを連れて歩くときには、目を離さぬよう気を付けましょう。

スポンサーリンク