羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

人生はドラクエか!?これまでに体験した「っぽい」現象を振り返ってみる。

先週末にドラクエ11が発売されて以来、ブログ界隈でもさっそくプレイされている方がたくさんいるみたいですねぇ。

 

 

私もこれまで、ドラクエは1から10までひと通りプレイしているので、今回のもやりたいのですが、最近はとにかく時間がないので、まだちょっと購入をためらっているところです。

 

ところで、ドラゴンクエストは「けいけんち」やゴールドなどのシステムが、わりと定型化されているゲームなので、長いことプレイしていると、普段生活していても「あっ、これはなんかドラクエっぽい」って思うこと、ありませんか?

 

そんな自分の生活や人生の中で経験した、「ドラクエっぽい現象」を試しにいくつか挙げてみますね。

 

f:id:smartstyle:20170803190035j:plain

 

レベル(年齢)が上がると、だんだん行動範囲が広がっていく

これは特に田舎に生まれていたら、わりと感じる現象なんじゃないかなぁ。

 

私が生まれた町では、一応のルール上、小学生までは、子供だけで出かけるときは町の境界の外に出てはいけないことになっていました。

 

それが中学校では隣町まで歩いて通うようになり、高校は大きな川にかかった橋を自転車で越えて通い、大学では県外へ...みたいな。大学で住む場所が大きな街だったら、気分はまさに山奥の村からエンドールの城下町に出たときのような感覚にもなりますよね。

 

人生が進むにつれて、モンスターが順序よく強くなっていく

ドラクエをプレイしていると、どうしてドラクエでは物語の進行に応じて、モンスターが順序よく強くなっていっていくのか、レベル1でいきなりゴーレムに遭遇して全滅したりすることがないのか、って思いませんか?

 

f:id:smartstyle:20170803185434j:plain

 

そんな疑問を抱えていた私は、社会人になったばかりの頃は「いきなりゴーレム級の仕事が振ってきたらどうしよう?」と不安に感じていたものです。

 

でも幸い私の場合は、突然強敵が現れて教会送りになったことはなかったかなぁ...。人生が進むにつれて敵が強くなっているのは感じるけど、「いきなりぜんめつしそう!」って状況に嵌ったことは、今のところはないです。

 

けれど、人によってはいきなり理不尽な仕事や会社に当たってしまって、それこそ命を削る思いをすることもあるでしょうから、そういうときは「あ、これまだ入っちゃいけないエリアだったんだ...」と、すぐに引き返すのがいいのかもしれませんね。

 

レベルの高いパーティと旅をしていると、自分のレベルが上がりやすい

ドラクエ3で転職したり、ルイーダの酒場でレベル1の仲間を新たに加えたときに、起きていた現象ですよね。

 

これもプレイしていて実際にはこんなことないよね、ってはじめ思っていたんですけど、意外とこれは思い当たる体験があるんですよね。

 

f:id:smartstyle:20170803190632j:plain

 

中高生で通っていた塾で、標準クラスからハイレベルクラスに昇格させられたときとか、転職して周りの人材のレベルがぐっと上がったときなどは、いつもよりも早く頭の上でレベルアップのファンファーレが鳴っていた気がするんです。

 

人は周囲の環境に応じて成長の早さを変える、とか立場が人を作る、みたいなことでしょうか。こうしてみると意外とドラクエって本質突いてますよね。

 

子どもが生まれると、自分が主役ではなくなったような感覚に陥る

ドラクエ5では、結婚や子の誕生など、実際に人生でも体験しうるイベントが目白押しですが、その中でも伝説の勇者なのは主人公ではなく、実は子供の方だった、という事実が判明したときは、ちょっと衝撃的でした。

 

まぁそれでも主人公は主人公に違いないのですが、それでも主役を途中で奪われたような、ちょっと寂しい気持ちになりましたよね。

 

f:id:smartstyle:20161009134139j:plain

 

でも、実際自分に子どもが生まれてみると、この状況もちょっと分かる。自分が主役じゃなくなったというよりは、この物語はもう自分だけのものじゃないんやな〜、という感覚。これが家族を作るということなのか...!

 

 

と、私はこれまでの人生で、ドラクエのシステムやお話って、意外と深いよなぁと感じる体験が何度かあったので、簡単ながらまとめてみました。

 

皆さまの人生にも、ドラクエっぽい出来事や体験はこれまでにありましたか?もしあったとしたら、どんな出来事だったか、ちょっと訊いてみたいかも...?

 

※今回は生活感のあるドラクエの写真(一個違うの混じってますが)とともにお届けしてみました〜。

スポンサーリンク