羊の夜をビールで洗う

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

Amazonのほしい物リスト、を贈ってみたい。

クリスマスイブなので、贈りものの話をしてみます。

 

Amazonのほしい物リスト、を公開しているブロガーさんって結構いらっしゃいますよね。一時期、私が購読しているブロガーさんのエントリーでも、「ほしい物リストからプレゼントが届いた!」という報告が相次いでいて、面白いな〜、と思ったので、実は私もひっそりと公開しています。

 

私の場合は、いつも定期的に購入しているコーヒーなどの日用品や、まだ未購入だけど読んでみたいと思っている本など、それほど高額ではないもので、不急ではあるものの、誰かに突然頂いたら嬉しい、と思えるものをリストに載せています。

 

たまに、私が購読している他のブロガーさんのほしい物リストも覗かせてもらうことがあるのですが、ダメ元(かネタ?)でめっちゃ高額な商品を登録されていたり、自分が知らない商品だったけど「あ!確かにそれプレゼントで貰ったら嬉しいかも。」という商品を見つけたりと、皆さんそれぞれ個性があって、自分も思わぬ気づきが得られることがあるので面白いです。

 

Amazonのほしい物リストから、何かものが届いたことは、私はまだ無いのですが(けっしてせがんでいる訳ではないですよ!)、日々いろんなブログを読んでいたら、逆に、このほしい物リストを自分から贈ってみたいな〜、と思ったことが何度かあります。

 

例えば、自分の考え方がとても前向きになったり、自分にとってとても有用な情報を得て、タダ以上の価値をもらえたな〜、と思ったときや、自分と似た境遇やそうでなくとも大変そうな境遇で頑張られていて、自分も勇気や元気をもらえたなぁ、と思ったとき、などです。

 

けれど、私がそのように思えた記事のブロガーさんに限って、意外とほしい物リストを公開していなかったりするんですよね。なのでやっぱりはてなスター(しかも私はスターの購入はしないので、グリーンスターが精いっぱい...)を付けて、そのままひっそり帰ってしまいます。

 

と、そんなことを考えていたら、最近私がブログを読み始めたセンリ様が、ほしい物リストからプレゼントを贈ってみた話と、匿名での贈り方について、まとめて記事にされていました。

 

singlesimple.hatenadiary.jp

 

この記事を見て、やっぱり私と同じようなことを考えられる方が、他にもいるのだな〜、と思いました。ケーザイ学的な考え方とかは全く詳しくないのですが、人は、誰かに物を贈ってみたい、という気持ちが本質的に備わっているのかもしれませんね。

 

とはいえ、テキトーざっくりな管理とはいえ、一応わが家も節約家計を目指しているので、そんなに頻繁に贈りものをする余裕があるわけではありません。ですが、例えば私は、ブログに関しては運営コストが賄えればそれで十分かな、くらいに思っている派なので、それを上回る分が出たら、その一部をそういう用途に回してもいいのかな、とかは考えています。

 

インターネットでコンテンツに対して、その人なりに感じた対価を贈りあう、いわゆる「投げ銭システム」の試みは、結構歴史が古く、Googleがアドセンスを開始するずっと前からさまざまな議論や試みが盛んに行われており、私自身もインターネットを使い始めた頃から興味を持って経緯を眺めている対象の一つです。

 

現在、コンテンツを提供する個が対価を受け取りやすい仕組みの主流である、Googleアドセンスは、一つの大きな会社が収益を見込める事業として行っているれっきとしたビジネスですし、Amazonのほしい物リストも、Amazonが自社のプラットフォームの使い途を広げるための一提案であるという意味で、ビジネスの一環には変わりないのですが、ネットの「投げ銭」的なものに興味をもっていた者としては、贈る側・受け取る側の両方の立場から、それっぽいサービスを体感してみたいな〜、と思ったのでした。

 

それはそうと、わが家では、あわてんぼうのサンタクロースが、一日早くクリスマスプレゼントを息子くんの枕元に置いていったので、そろそろ息子くんがプレゼントを抱えて起きてくるはずです。サンタ業をきちんとやったのは、意外にも今年が初めてだったので、どういう反応で起きてくるのか今から少し楽しみです。

 

それでは、皆さま、よいクリスマスを。メリークリスマス。

 

(追記)

なんと私がこれまで公開していたリストは住所の設定が不足していたようです!そりゃ〜何もこないわ(笑)。コメント欄で教えてくださった方、 どうもありがとうございました。m(_ _)m

 

スポンサーリンク