読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

はてなブログキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」に答えてみます。

ネット

はてなブログの5周年キャンペーンのお題の第2弾が発表されています。ラミーのボールペン、やっぱり欲しいぞ〜、ということで、こちらもやってみることにします。

 

しかし、このお題、難しいです...。5周年、ということで5年後の設定になっているのだと思いますが、5年という月日は長いですよね。

 

こういうときには、まず1年後、次に3年、そして5年後と、細かく段階を区切って考えるのも一つの手ですが、このエントリでは、これまで意識したり取り組んできたことで、5年後も続けられているといいなぁ、と思っていること、という観点でまとめてみます。

 

5年後も続けられていたらいいなぁ、と思うこと

会社や周りの友人たちと同じかそれ以上のペースで成長していること

一応、毎年意識しないとな〜、と思っていることです。社会人になってから、もう15年近くなっていい歳になってきていますが、会社という組織の中で働いている限りは、会社が成長するペースと同等以上のペースで自分も成長していかないと、あっという間に置いていかれてしまいます。

 

今の会社は年率で大体10%づつ成長しているので、一年前の自分と比べたときに、10%ぶんできることが増えているかな?と毎年振り返るようにしています。幸い、ここ1,2年はわりとチャレンジしがいのある仕事を任せてもらっているので、引き続きそういう仕事を作ったり、取りに行ったりしないと、ですね。

 

あと、そもそもこれまで同じ会社で6年以上続いたことがないので、5年後も今と同じ会社に在籍して活躍できていたらいいな〜、と思います。今の会社は結構好きなので。

 

息子の母親との親子交流を継続できていること

昨年からふたり暮らしを初めて以来、息子くんの母親とは、先方の希望するペースで面会交流やビデオ通話での対話を行っていますが、5年後も引き続き平穏に、面会を通じた母親との交流が続けられていたらいいな、と思います(一方的で勝手な願いですが)。

 

わたしたちは別居時点で葛藤度合いが高かったため、私自身は当初面会交流に消極的だったのですが、「離婚で壊れる子どもたち」という書籍を手にとったことで、子ども優先の考え方に立ち返ったり、この分野でも進んでいる米国の事情などを知ることができたと思います。

 

 

面会交流自体は、まだまだ毎回緊張や疲労が絶えないのですが、波の振幅が次第に収まっていくように、徐々に穏やかな気持ちで続けられるようになっていたらいいな、と思います。

 

ブログを書き続けられていること

「まじめか!」「重いわ!」といった内容を続けてしまいましたが、最後はやっぱりコレ、ですよね。今年の7月あたりから、記事数を増やし続けているこのブログですが、ペースが変わったとしても引き続きこのブログを継続して書けていたらいいなぁ、と思います。(もちろんはてなさんも続いていてくださいね!)

 

当初、それほど大層な目的もなく書き始めたブログですが、書き続けていくうちに、自分が得意としている分野のことで、このブログを読んで頂いている方に少しでも影響を及ぼせるようなものが書けたらいいなぁ、と思うようになりました。やっぱり時間を取って読んでもらってるわけですし。

 

5年続けられたとして、その間に私がこの人に近づけたらいいな〜、と思っている有名なブロガーさんは、このブログでも何回か取り上げている、ちきりんさんです。

 

 

ちきりんさんが著書の中で書かれているような、分かりやすいメッセージの伝え方や、記事を書くまでのプロセスと時間のかけ方、ブログ運営のゴール設定、などは引き続き真似してみながら、5年経ったときに自分のブログが何回りかスケールの小さい「Chikirinの日記」みたいになっていたらいいな〜、なんて身の程しらずなことを考えています。

 

というわけで、もし5年このブログを続けられていたら、5年経った後にこのエントリも読み返してみたいと思います!

 

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary

 

 おまけ

お題キャンペーン第1弾「はてなブロガーに5つの質問」に答えてみたエントリはこちら。

 

www.smartstyle-blog.net

スポンサーリンク