読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

チームのドライさんのドライたるエピソード。

しごと

今週もドラマの「逃げ恥」が面白かったので、私もITな職場の一風景の話をしてみます。

 

私のブログには、たまにチームのイケメンさんという人物が登場しますが、もう一人、同世代のチームメンバがいます。ドライな性格が特徴的なので、このブログではチームのドライさんと呼ぶことにします。

 

このブログをよく読んでくださっている方は、「いやいやあなたも大概ドライでしょ〜。」と思うかもしれませんが、ドライさんは私に輪をかけてドライなんです!そのドライたるエピソードを書いてみます。

 

私の職場では、誕生日の日近くには率先して有休を消化しましょう、という風習があるので、だいたい周りのメンバーの誕生日を把握しています。で、ドライさんの誕生日近くなったある日、チームのイケメンさんが、

 

「ドライさん、もうすぐ誕生日ですよね。これ、誕生日プレゼントなのでどうぞ!」

 

と誕生日プレゼントを手渡したのです。

 

中身はちょっとしたネタっぽいお菓子だったようですが、それにしても会社で男が男に誕生日プレゼント贈るのなんて初めて見た...。*1これがモテ力というやつか...!。なんて思いながら、翌朝会社に来てみたら、ドライさんの席の足下に昨日の紙袋が。

 

ドライさん、誕生日プレゼント忘れて帰ってるー!

 

チームのイケメンさんは、朝出社したらすぐさま「あ、ドライさん、昨日のプレゼント忘れてますよ☆」としっかりフォロー入れてましたw。ドライさんとイケメンさんは、多分そんなに相性は良くないと思うのですが、あからさまに仲が悪いというほどでもなく、二人の掛け合いは見てると結構面白いです。

 

と、そんなドライさんですが、技術力にかけてはチームでピカ一です。プログラミングのスキルだけでなく、新しい技術のサーベイや、みんなが使いやすいように開発環境を整えたりする作業が超早い。お客様の本番システムで起きたトラブルの解決でも、何度助けられたことか...。

 

今のチームでは、ドライさんと私のどちらかがリーダーをすることが多いです。技術力ではドライさんの方がすごいけど、細かい仕様決めやプロジェクトのリスク管理は私の方がやや得意、とそれぞれ得意分野が違うので、どちらの立場のときも相手の得意分野を生かして、苦手分野を補うような動きができるように、いちおう意識しています。

 

会社は個人ではなく、チームで仕事をするもの、と分かっているのですが、ある程度経験を積んでも、どんなチームでもちゃんと結果を出すのって、なかなか難しいです。私も今は諸事情で助けられている立場でもあるので、チームの力が最大化されるような働きをして、しっかり期日までに仕事を仕上げないと!ですね。

 

おまけ

IT企業をテーマにした作品と言えば、こちらの作品も結構好きです。

 

(うちの会社はたぶんブラック企業ではないと思うけど...)

 

この作品に出ているマイコさんという女優さんが好きだったのですが、まさかその後妻夫木くんと結婚することになるとはねー。

*1:まぁ異性に公然と誕生日プレゼントを手渡したらそれはそれで問題かもしれませんが。

スポンサーリンク