羊の夜をビールで洗う

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

子どもの運動会で安心したこと。

昨日は子どもの運動会でした。相変わらず不安定なお天気が続いており、この日もどこの天気予報を見ても予報がバラバラで、延期になるかどうか微妙なラインでしたが、なんとか一日天気が持ってくれて、無事に運動会が開催されました〜。

 

ところで、4歳児として参加する、子どもにとっては5度目の運動会。お天気よりも、事前に何度も練習していた2mの竹登りよりも、心配していたことがありまして...。

 

それは、「運動会の最初の体操で、ちゃんと集団行動をとって集中して体操できるか?」ということでした。

 

運動会の体操を、どこまできちんとできるか、は当然年齢によって差があるのですが、去年3歳児で参加したときには、クラスでちゃんと出来ていた子と、集中せずにお友達と走り回っている子、ではっきりと差があって、うちの子は後者だったので結構後から凹んだんですよね〜。

 

もしかして、このまま小学生になったら、授業中も立って歩き回るような集中力のない子になってしまうのではないか?とかなり心配しました。(さすがに、そんな状況を耳にしたら、いつもは甘い私も心を鬼にしてガミガミ叱ると思いますけど。)

 

なので、運動会でもメインの竹登りよりも、最初の体操を良く注意してみていたのですが...

 

f:id:smartstyle:20161008091855j:plain

 

おー!ちゃんと集中してできているではないですか。周りの子もできていたし、上のクラスの子ももちろんできていたので、当たり前といえばそうなのでしょうけど、ちゃんと一年分の成長が感じられて安心しました。

 

その後も運動会をずっと見ていたのですが、上のクラスの5歳児の子は、走りながらの縄跳びや、竹馬をする競技など、ますます難しいことにチャレンジしていて、「あと一年でこれができるのか...?」と、来年へ向けてのハードルの高さに、思いを新たにしました。

 

私はといえば、今年は初めて親子リレーで、本格的な運動を伴う競技に参加したのですが、小さめな運動場を一周走り回っただけで、思ったよりもヘトヘトになりました...。しかも、同じ周回で体力ガチなお父さんと当たっちゃったし...。とほほ。

 

人の心配ばかりしていないで、自分の体もちゃんと鍛えないといけませんね〜。

 

おまけ。メインの竹登りで心配していたときのエントリーはこちら。

www.smartstyle-blog.net

スポンサーリンク