羊の夜をビールで洗う

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

方言の話あれこれ。

私の地元である、岐阜県出身の人は、よその土地に行くとその土地の言葉が移りやすいと言われています。

 

大学や就職などで関西に行って帰省すると、「何、その中途半端な関西弁。」と言われ、東京の方に行った際には「何か標準語っぽくなって調子くるうなぁ」と突っ込まれる、といった具合にです。

 

私も、地元以外では関西にいる期間が長いので、おそらくネイティブとはちょっと違う、関西弁を使ってしまうことが多いです。あとは、元奥さんが徳島の人だったので、阿波弁っぽい語尾が少し混ざることもあり、どこの土地なのかよく分からない方言になってしまっていると思います。

 

関西弁のイントネーションや、関西っぽいノリは、東京生まれの人には苦手意識を持つ人も多いようですが、私は大学も関西で過ごしたこともあって、そんなに抵抗はないです。むしろ、仕事をする場面では、説明を流暢にしやすかったり、ちょっとキツ目のことを言わないといけないときも言い易くなることがあったり(この辺りが苦手に思われるゆえんでしょうが)と、便利だなぁ、と思っている部分も多いです。

 

阿波弁は、「ほなけん」とか「〜じょ」という語尾が、ちょっと抜けた感じがあって、女の子が喋っていると可愛いなぁ、と思うことがよくあります。「けん」の語尾は中国地方の方もよく使いますよね。最近、「カミワザワンダ」という犬の形をしたロボットが出てくる子ども向けアニメがあって、その犬が岡山弁っぽい響きで「けん」を使うのが妙に耳に残ります。

 

あと、女の子が喋っていて可愛く感じる方言と言えば、神戸あたりの「〜しとー。」という言葉の響きも結構好きです。大学の時に住んでいた京都弁のはんなりした響きも好きですが、どっちかと言われると神戸派。

 

うちの子どもは、生まれてからの根っからの大阪育ちなので、身内の中ではもっとも自然な関西弁をしゃべります。子どもが「〜やねん」とか「〜やで」などの言葉を使いながら、一生懸命説明したりしているのを見ると、関西弁もとても可愛らしく聞こえますね(そのうち、憎たらしく聞こえることもあるのでしょうけど)。何はともあれ、ネイティブな関西弁を使いこなせる息子がちょっと羨ましいなぁ、と思いながら眺める、今日この頃です。

 

youtu.be

 

名古屋弁に近い地元の言葉は、地元だからという目線で見てしまうせいか、「響きがあまり美しくないかも...」とか、どうしても辛口めに見てしまいます。それでも、お盆や正月で2,3日帰っていると、すぐに地元の言葉に戻ってしまうのですけど。よその土地の言葉が移るのが早ければ、戻るのも早い岐阜県民の県民性、なのでした。

スポンサーリンク