羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

Apple Watch Series 2、一週間着回しコーデ&モノとして実際どうか?感想。

引き続き、購入したばかりのApple Watch Series 2の使用感をレビューしてみます。アプリはあまり開拓できていないので、今回は一週間仕事で着けていってみたときの、服と組み合わせた感じや、時計というモノとして実際どうか?について感想を書いてみます。

 

 

ケースのサイズ。38mmか?42mmか?

はじめに、ケースのサイズについてです。Apple Watchには、38mmと42mmの二種類のケースがあります。このサイズバリエーションは、小さい方が女性用、大きい方が男性用、と単純に判断するのではなく、自分の体格や腕回りに合わせたものを選んだ方がよい、と言われており、実際Apple Storeの店員の方もそう説明しています。

 

つまりは、私のような「腕の細い男性」はケースのサイズについて、一番悩ましいタイプ、ということになるのですが、結果からいうと、私的には小さい方の38mmが合っていると思いました。ただし、42mmでも不自然というわけではなく、画面が大きい方が操作に便利、という人には42mmでも問題ないと思います。

 

Apple Watch、一週間着回しコーデ!

次に、私が一週間実際に会社に着けていって見たときの、バンドと服の組み合わせを、恥ずかしながらアップしてみます(ヒマ人かー!)。Apple Watchはどちらかというと女性的なデザインっぽいところがあるので、男性の着回しの参考になればと。

 (注:あ、私は今のお仕事では、ほぼ服装は私服です。)

 

【スポンサーリンク】  

 

白のオックスフォードシャツと、SLG Design D6 IMBLのタン・ブラウンのバンド

f:id:smartstyle:20161002074813j:plain

真っさらなオックスフォードシャツに合わせてみたパターンです(ブランドはgreen label relaxing)。こういうシンプルなシャツには、明るめの色の革ベルトが差し色として映える気がします。

 

秋っぽいギンガムチェックシャツとSLG Design D6 IMBLのタン・ブラウンのバンド

f:id:smartstyle:20161002074938j:plain

B:MING by BEAMSで購入した、オリーブと青の秋っぽい配色のギンガムとの組み合わせです。このシャツはジーンズと合わせて着ることが多いのですが、この組み合わせだと上の白シャツのパターンよりもアウトドアっぽいカジュアルさが出る気がします。

 

ネイビーのジップアップパーカーとSLG Design D6 IMBLのタン・ブラウンのバンド

f:id:smartstyle:20161015071432j:plain

アーバンリサーチのネイビーのジップアップパーカーとの組み合わせです。ネイビーとタン・ブラウンの色の組み合わせはやはり相性がいいですし、パーカーのカジュアルな感じもApple Watchのポップなデザインとよく合いますね。ウオッチの盤面は、写真のフェイスにApple Watch向けの壁紙を表示させて、チープカシオっぽくして遊んでみました。

 

青のストライプシャツとトーステッドコーヒー/キャラメルウーブンナイロンバンド

f:id:smartstyle:20161002075422j:plain

京都のモリカゲシャツで購入したストライプシャツとの組み合わせです。カッチリめなデザインのシャツなので、明るめの革のバンドを使うよりも、コーヒー色のウーブンナイロンと組み合わせたほうが、落ち着いた雰囲気が出そうです。

 

インディゴのタータンチェックシャツとトーステッドコーヒー/キャラメルウーブンナイロンバンド

f:id:smartstyle:20161002075240j:plain

green label relaxingで最近購入したインディゴとグレイのタータンチェックのシャツです。こういう暗めのトーンのシャツにも、茶色のウーブンナイロンが合わせやすいと思いました。

 

春っぽい色のギンガムチェックシャツとイエロー/ライトグレイウーブンナイロンバンド

f:id:smartstyle:20161002075627j:plain

上のシャツとは印象を変えて、明るめの緑のギンガムチェックに合わせてみたパターンです(こちらもgreen label relaxing)。タンブランの革のベルトとも相性が良いのですが、イエロー/グレイのウーブンナイロンと合わせると、もう少し抜けた感じのカジュアルさが出たと思います。

 

ボーダーのカットソーとイエロー/ライトグレイウーブンナイロンバンド

f:id:smartstyle:20161002075727j:plain

シャツではなく厚手めのカットソー(無印良品のもの)と、イエロー/グレイのウーブンナイロンのバンドの組み合わせです。こういうデザインのカットソー(St.Jamesとかも)はそもそも腕時計が似合いにくい服なのですが、Apple Watchのポップな形状とカジュアルなカラーのバンドなら、わりと違和感なく着けられると思いました。

 

【追記】グリーンのタートルネックニットとイエロー/ライトグレイウーブンナイロンバンド

f:id:smartstyle:20161110063442j:plain

寒くなってきたので、ニットとの組み合わせのパターンも載せてみます。私は、グリーンとイエローが好きで、この二色の服や小物を多く持っているのですが、Apple Watchで組み合わせた場合も、好みの配色になっていると思います。ウォッチフェイスは、普段あまり使わないミッキーにしてみました。たまに使ってみるとかわいいです。

 

ターコイズブルーのジップアップパーカーとイエロー/ライトグレイウーブンナイロンバンド

f:id:smartstyle:20161015071808j:plain

グラニフのパステルカラーのジップアップパーカーに、イエローのバンドという思い切りカジュアルに振ってみた組み合わせです。こちらも、盤面にApple Watch用の壁紙を表示させて、遊び感ある雰囲気にしてみました。 

 

実際、時計というモノとしてどうか?

次に、実際に時計というモノとしてどうか?について、思ったことをいくつか書いてみます。

 

ゴールドアルミニウムケースは意外と使いやすい色味

Apple Watchのケースの色は、いろいろ迷ったあげくに後から加わったカラーである、ゴールドアルミニウムケースにしました。純正のバンドで、相性のよい色が一番多そうなのが理由で選んだ色ですが、ゴールドというよりはブラウンに近い色味なので、男性の服装でも意外と合わせやすくて、安心しました。特にこれからの季節で着るような服には、合わせやすそうです。

 

ウーブンナイロンは着け心地がよくて雨でも気軽に使えてよい

こちらも発売からしばらくして加わったバンドである、ウーブンナイロンのバンドですが、さらっとした感触で着け心地が良く、ナイロンなので雨の多い季節でも気軽に使えていい感じです。異なる色の繊維が細かく編み込まれているデザインで、ナイロンにしては安っぽく見えないのも、さすがはAppleといったところです。

 

あと、コーヒー色のウーブンナイロンは、はじめは一番地味かと思いましたが、どんな服装にも無難に収まるので、当初思っていたよりも出番が多いです。

 

あとは丸っこいデザインを好きになれるかどうか

Apple Watchは、昔のauのデザインケータイ「talby」などをデザインした、マーク・ニューソンのデザインと言われていますが、この全体的に丸っこいデザインを好きになれるかどうか、が男性にとっては好みの分かれ目かと思いました。

 

購入してから、一日だけスーツで出社する日があったのですが、自分が今持っている配色だと、ネイビーはともかく、黒のスーツには似合わない気がして、この日だけは今まで通り、シチズンのアテッサを着けて出社しました。私は、お仕事の日も私服が多いのですが、スーツが多いお仕事の場合には、使用頻度が変わってくるかもしれませんね。

 

以上、Apple Watchを実際に一週間使ってみて、時計としての使い勝手をみたときの感想を書いてみました。また、気付いたところがあれば、レビュー記事にまとめてみたいと思います〜。

 

おまけ

Apple Watch Series 2の他の購入後レビュー記事は、こちら。

www.smartstyle-blog.net

 

www.smartstyle-blog.net

スポンサーリンク