読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

チームのイケメンさんに負けたと思う点

思考 しごと

会社のチームメンバに同い年くらいのイケメンさんがいます。イケメンさんとは一年くらい前に同じチームになったのですが、これまで職場で分かりやすいモテ属性を備えた人とお仕事をすることがあまりなかったので、興味を持っていろいろと観察しています。

 

これまで同じチームで働いてきて、私とイケメンさんでは、決して技術力の面では負けていないはず...と思っているのですが、それ以外の面で、自分が負けた...と思った点をいくつか挙げてみます。

 

飲み会のお店のセレクトが良い&飲み会の盛り上げ方が上手い

以前、チームの新人歓迎会が、梅田の「俺のフレンチ」というお店で開かれたのですが、このとき幹事をしていたのはイケメンさんでした。

 

www.smartstyle-blog.net

 

これには私も「おー、これはちょっと無理してでも行ってみたいかも!」とそのときばかりは子連れで無理やり参加してみたのですが、会社の飲み会で、そのくらい「行ってみたい」と思わせるお店をセレクトしてくるのはさすがです。

 

そのお店は、わりとイケイケな雰囲気だったのですが、そんな店内での飲み会の盛り上げ方もさすがでしたし、メニューの頼み方やタイミングもこなれていました。こういうのが上手にできると、女子はぐっとくるだろうなー、と思いました。

 

新人研修の評判が良かった

今年はわれわれのチームが新人研修の担当で、チームメンバが順繰りに研修講師を担当したのですが、チームメンバの中で新人研修の評判が一番良かったのがイケメンさんでした。

 

決して、イケメンだから評判が良かった...というわけではなく、研修中、新人の理解度を見ながら進度を調整したり、研修後のアフターフォローがきめ細かかったことが、高評価に繋がったようです。

 

私は、プログラミングは得手不得手があるのだから、得意な人を伸ばせればいいかな、と苦手な人を若干置いてきぼりにしてしまったところがあったので、これには少し反省しました。

 

イケメンさんは、その後チームに配属された新人(♂)の教育担当もしていますが、小さな目標を達成するごとにハイタッチを交わすなど、一回り近く違う新人くんの懐に入り込むスキルも上手だと思います。

 

観葉植物を枯らさない

イケメンさんは自席に観葉植物を置いています。イケメンさんとは近くの席なので毎日その植物の調子を見ていますが、小さな鉢で育てているのも関わらず、半年以上適度な成長バランスで元気に生い茂っています。水やりや剪定をちょうどよいタイミングでしていることが、植物の健康に繋がっているようです。

 

私はといえば、自宅に幾つか観葉植物を置いていますが、水をあげすぎて根腐れさせてしまったり、100円ショップで買った安い固形肥料をあげたらそれが合わなかったのか、一週間も経たずにまた枯らしてしまったり、と相変わらず、観葉植物については試行錯誤続きです。

 

www.smartstyle-blog.net

 

改めて振り返ってみて、モテ属性の高い人は、人や生き物との関係を心地よい状態に保つことについて、並々ならぬ努力を払っていると思いました。コンピューターを相手にお仕事をしていると、そういうことはついおろそかにしがちなので、そういうところは素直に見習わないといけませんね。

 

は〜、また明日観葉植物買いに行こっと。

 

おまけ

チームのイケメンさんのその他のエピソードはこちら。

www.smartstyle-blog.net

 

 

スポンサーリンク