羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

もうすぐ子どもの誕生日。流行りのオモチャよりも貰って嬉しいもの。

もうすぐ子どもが5歳の誕生日になるので、実家の父(いわゆるじいじ)から「子どもの誕生日のプレゼント、前に○○が欲しいって言ってたオモチャでいい?今度会うときまでにAmazonで買って持って行くよ〜。」と電話がありました。

 

孫の誕生日に向けて、やる気マンマンの父のありがたい申し出なのですが、少し考えて、「子どもが欲しいっていうものは、ころころ変わるから、今度来るのなら一緒に選ぼうよ。」と提案し直してみました。

 

流行りのオモチャ、内心ではそんなに欲しくない、かも...

子どもの誕生日などのタイミングで、実家や義実家の父母が、ここぞとばかりに仮面ライダーのベルトや、戦隊モノのロボットなどの大きな箱に入ったオモチャをプレゼントする、というのは、よくあるシーンだと思います。しかし、貰う立場で恐縮ではありますが、こういう流行りもののオモチャ、いくつも溜まってくると「もういいや」ってなりませんか?

 

仮面ライダーや戦隊モノのおもちゃ、って意外と子どもが遊んでくれる期間が長持ちしないんですよね。最近では、このような祖父母たちのプレゼント欲を狙い撃ちにしているのか、一つのシリーズで新しいロボットや装備がいくつも出てきます。新しいオモチャを貰って、しばらく喜んで遊んでいても、すぐに新しいのが出てきて豪華なオモチャも流行遅れ、になってしまうんですよね。大きいオモチャはとにかくかさばるのも難点です。

 

本当に貰ったらありがたいものを考えてみる

というわけで、次に父が大阪に来るまでに、本当に貰ったら嬉しいなぁ、と思うものを考えてみます。

 

育ち盛りの子どもだと、服はすぐに小さくなってしまう消耗品なので、普段は保育園にも気軽に持っていける服を西松屋などで調達することが多いですが、こういう機会に、ちょっと良いブランドで気に入ったデザインの服を1,2枚プレゼントされると、嬉しいですよね。

 

食器

食器は、2,3歳のころから使っている、落としても割れないプラスティック製の子ども用食器を、そのまま使っているのですが、手先も大分器用になってきた年中児くらいなら、そろそろもう少しちゃんとした茶碗やお椀のデビューをさせてもいいかな、と思い始めています。

 

先日、ショッピングモールを歩いていたときに、中にある好きな雑貨屋さんで、とてもシックな子ども用の和食器を見つけたのですが、値段を見て「高っ」と尻込みしてしまったので、これを機会におねだりしてしまってもいいかな〜、なんて思っています。

 

図書券

なんだかんだで一番貰って嬉しいのはお金なんじゃ〜、と考える人もいるかもですが、プレゼントにそれはいささか野暮なので、こういうときの定番と言えば図書券ですよね(そういう考え方もちょっと古いのかな)。

 

絵本や図鑑のような子ども向けの本、って結構な値段がするものが多いので、図書券の形で貰ったとしても、すぐに使い切れてしまうと思います。

 

おまけ

わが家では戦隊モノのロボットについては、食玩でごまかす方針で貫いています!食玩は、バラして再組み立てしたりして柔軟に遊んでくれますし、後腐れなく捨てられるので、オススメですよ〜。

 

www.smartstyle-blog.net


 

スポンサーリンク