羊の夜をビールで洗う

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

思いもしなかった場所が、人生にとって重要な意味を持つ場所になることがある。

ここまで、けっこうあちこち転々としているのですが、改めて振り返ると、自分でも思ってもみなかった場所が、後になって、自分の人生のなかで重要な意味を持つ場所になることがあって、人生って面白いなぁ、と思います。

 

例えば、子どもの頃はまさか岐阜出身の自分が、大人になって最初に働く場所が、四国になるなんて思いもしなかったです。当時は瀬戸大橋がようやくできた頃で、同じ日本でも遙か遠い場所、というイメージだったので。

 

結婚した後、帰省のときに何度も単なる通過点として通り過ぎていた新大阪駅もそう。最初の転職のときに、夏休みを利用して採用試験を受けた翌日の移動中、新大阪に到着間際の新幹線の中で内定の電話を受け、その足で受かった会社の説明に向かった出来事以来、すっかり自分にとっては転機の場所、という記憶が染みついてしまっています。

 

わりとどこに行っても住めば都、と思ってしまう方なので、「まさか自分がここに来ることになるとは」と思っても、なるべくその場所のいいところを探して、好きになれるようにしたり、面白がったりするようにはしていると思います。

 

f:id:smartstyle:20160926175557j:plain

 

この梅田のヘップファイブの上にある観覧車も、出来たての頃は大学生で、ネタの種に男同士で乗りに来た思い出くらいしかなかったのですが、その後、こんなに毎日のように目にするようになるとはね。

 

 

スポンサーリンク