羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

Apple Watch Series 2で文字盤を変えてみる&気になった動作。

引き続き、Apple Watch Series 2を使ってみたなかで、やってみたことについてまとめてみます。今回は文字盤の変更と、文字盤を変更して使っていたときに気になった動作、についてです。

 

文字盤の変更

Apple Watchは、高精細な液晶を使用したスマートウォッチなので、文字盤のデザインを変えられるのが一つの大きな魅力ですよね。そこでさっそく文字盤をいろいろ変えてみました。

 

文字盤の変更は、iPhoneアプリの「Watch」アプリから変更します。あらかじめ「マイ文字盤」に登録されている文字盤をクリックするか、「文字盤ギャラリー」から文字盤を追加すると、文字盤の編集画面が表れるので、色やデザインなどを調整します。

 

f:id:smartstyle:20160926203421p:plain

 

文字盤には、四隅や中央などに、天気やアクティビティ、バッテリー情報などの補足情報(コンプリケーション、というらしいです)を表示することができます。これもいかにもスマートウォッチっぽい機能ですよね。

 

f:id:smartstyle:20160926205654p:plain

 

私は、天気の情報と再生中の音楽の情報が表示されていたら便利かなぁと思い、まずその二つを設定してみました。あとは、アクティビティもApple Watchで使ってみたかった機能の一つなので、とりあえず表示させてみることにします。

 

一通り設定を終えたら、設定画面にある「現在の文字盤として設定」の箇所をクリックすると...

 

f:id:smartstyle:20160926202614j:plain

 

時計に反映されましたね!

 

気になった動作

右上のコンプリケーションが勝手に起動している?

他にもいろいろ文字盤を変えてみて、個人的に好みだと思ったクロノグラフの文字盤にして使っていたときに、気になる動作がありました。

 

f:id:smartstyle:20160926202814j:plain

 

通常時はこのような状態なのですが...

 

f:id:smartstyle:20160926203034j:plain

 

このように、いつの間にかクロノグラフのストップウォッチ機能が起動していたんですよね。特に、何か意識的に操作をした記憶がないのですが...。

 

別の文字盤を使っていたときにも、左上に配置していたコンプリケーションのアプリに、いつの間にか切り替わっていたことがあったので、左上のコンプリケーションは、誤って起動させやすいのかもしれません。

 

クロノグラフは、左上がストップウォッチ固定なので、デザインが好みなのにちょっと常用しにくいなぁ、と思いました。

 

仕事をする姿勢で使っていると、文字盤がけっこう頻繁に点灯する

これは誤作動というのではないのですが、今日初めて会社で仕事をしながら、Apple Watchを使ってみたときに気付いたことがありました。

 

Apple Watchは、電池節約のために時計を自分の側に向けたときだけ、文字盤が点灯する仕組みになっていますが、デスクの前に座ってパソコンを使用する姿勢で使っていると、腕を少し動かして角度が変わるたびに、結構頻繁に文字盤が点灯と消灯を繰り返します。

 

f:id:smartstyle:20160926212007j:plain

(こんな姿勢のとき)

 

文字盤を派手めなデザインにしていると、仕事中このチカチカが結構うっとうしく感じたので、仕事中はもう少し表示情報を抑えめにした、シンプルなデザインで使用することにしました。

 

f:id:smartstyle:20160926202830j:plain

 

というわけで、今はこの「数字」の文字盤のデザインで使用しています(左上のコンプリケーションは気象情報です)。ミニマルなデザインですが、数値のフォントデザインを変えられたり、時間ごとに数値が文字盤と同じ位置に動いたりと、なかなかクールなのでわりと気に入っています。

 

以上、標準的なApple Watchの使い方をしてみて、気付いたことを書いてみました。次は、もう少し変わったアプリや面白いアプリがないか、探してみようと思います〜。

 

おまけ

Apple Watch Series 2でリマインダーの通知を出すまでの記事はこちら。

www.smartstyle-blog.net

 

その後、いろいろな服装でApple Watchを着けていってみたときの記事はこちら。

www.smartstyle-blog.net

スポンサーリンク