羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

なんとなく続けてしまっている生活習慣や家計を改善する小ネタを考えてみる。

一人でいろいろ回すようになってからだいぶん経ちますが、生活習慣や家計について、最初の方から惰性で続いている習慣とか、内心不便に思っているのになんとなく続けてしまっていることで、改善できる小ネタはないかを考えてみました。

 

お茶を自作してみる

食事のときに飲んでいるお茶は、近所のス○薬局でカフェインレス十六茶をなくなったら都度購入する、ということをしていましたが、よく考えたら家計的にも資源的にも無駄なことをしているのではないか、と思いました。

 

無印良品のネットストアを調べてみたら、ティーバッグを入れられる冷水筒が売っていたので、これに水出しでも使えるティーバッグを入れてお茶を作るようにすれば、お手軽なうえにコスト削減になりそうです。

 

www.muji.net

 

今住んでいる地域はペットボトルだけ捨てるのが面倒で、そんなに遠くないとはいえリサイクル用の別のゴミ捨て場に持っていかないといけないんですよね。お茶がペットボトルでなくなったら、その手間もなくなりますし、地球にも優しそうです。

 

洗濯の頻度を見直してみる

一個仕事を増やしたら、一個減らすのを考えてみる...ということで、これまで生活のルーティンに組み込まれてしまっていたので、なんとなく毎晩やっていた洗濯は、2日に1回か3日に2回でもいけるのでは、と思いました。大人一人子一人なのでそもそもボリュームが少なくて、毎回液体洗剤も0.6杯くらいの分量で回していたんですよね。

 

洗濯の頻度を減らすことで、家事の負担が減るばかりか、洗濯のときに使用している水の総量も減って、水道代が節約になるのではないかと思いました。まぁ水道代は実際見てみないと分かりませんが、これもやってみる価値はありそうです。

 

ベテラン主婦の方には「おーい、そんなレベルかーい。」とお叱りを受けそうですが、何ぶんオトコ家庭なもので。とりあえず、今日はティーバッグと合わせてボトルも見繕いに、無印良品に足を運んでみましょーか。

 

(その後、追記)

というわけで、さっそく無印で買ってきました、冷水筒(他にもいろいろ)。

 

f:id:smartstyle:20160925140437j:plain

(ただいま抽出中。) 

 

記事の初出で書いていた、無印の水出し用ティーバッグはポット用のものではなく、これだとあまりコスト削減にならなさそうだったので、ティーバッグは ○ギ薬局で買いました。伊藤園のものでも25リットル分で350円くらい。これなら当初の目論見を果たせそうです。っていうかもっと早くやれば良かったなー、これ。

 

スポンサーリンク