羊の夜をビールで洗う

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

KEYUCAのレインポンチョでレインコートジプシーに終止符を打った。

季節の変わり目になって、また雨の日が多くなってきましたね。私の家は静かな場所にある代わりに、最寄りの駅からかなり遠いので、駅までは自転車で通っているのですが、雨の日は毎回憂鬱です。

 

雨の日の自転車と言えば、少し前に道路交通法が変わって、自転車の傘さし運転が厳しく取り締まられるようになってから、レインコートで自転車を運転する人がすっかり普通になってきました。

 

私も、コートタイプのレインコートや、ジャケットとズボンで上下に分かれているタイプなど、いろいろな形のレインコートを試してみましたが、雨を防ぎきれず荷物や服が濡れてしまったり、自転車置き場での着脱が面倒くさかったり、なかなかしっくりくるものがなかったんですよね。

 

そんな「レインコートジプシー」になりかけていた私でしたが、体を覆う面積が小さくて濡れそう...と最後まで敬遠していた、ポンチョタイプのレインコートの使い勝手が予想以上に良かったので、ここでもレビューしてみます。

 

www.keyuca.com

 

私が購入したのは、KEYUCAで販売されていた、前が長めに作られていて自転車の前カゴも覆うことのできるレインポンチョです。お値段は税抜きで4,800円と、レインコートとしてはちょっと高めです。

 

レインポンチョは、真ん中に頭を通すための穴が空いた傘状になっているので、着るときはその穴から被って、首のファスナーをしめるだけです。袖に腕を通す必要もないので、暑い日でもベタベタしないのがいいです。

 

【スポンサーリンク】  

 

前カゴを覆うためのビローンとした部分をカゴに掛けると、子どもを乗せる用の大型の電動自転車でも前カゴをスッポリと覆ってくれます。その状態で、雨の中を走行していると、前カゴに掛けた部分がカゴに張り付いてくれて、コートがめくれることがないので、コンパクトなわりには上半身も下半身も全然濡れないです。

 

頭から上の部分も、フードの庇が長めに作られているので、顔面が濡れにくくなっていて、結構強い雨でも快適に運転できたと思います。

 

ついにしっくりくる使い勝手のレインコートに出会えたのが嬉しかったので、かなりべた褒め気味なレビューを書いてしまいました。KEYUCAのレインポンチョは、なかなかお値段が張りますが、同じような形をしているものなら、似たような使い勝手で使えてしまうと思います。レインコートはポンチョタイプのものを是非一度お試しあれ。

 

スポンサーリンク