ワンオペ育児を超えてゆけ

旧「羊の夜をビールで洗う」。シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。たまにガジェットネタも。

パンツ(ボトムス)も消耗品。

たまにはそれほど得意ではないファッションの話でもしてみます。人によりけりだとは思いますが、年をとってくると、昔はあった服へのこだわりがだんだんなくなってくる、という話は、20代の頃に給料のかなりの割合の額を服に使っていそうな人たちの中でもよく耳にします。

 

私もご多分に漏れず、下着、靴下類のみならずパンツ(ボトムス)についても、もはや消耗品と割り切って、無印のジーンズかチノパンで、細身のシルエットのものを履きつぶすたびに買い換えている、というやる気のない運用です。

 

昔はお気に入りのジーンズショップの生デニム(Denimeの京都モデルが好きだった)を購入して、自宅で洗って干したあとに、裾上げに持っていく...とか面倒くさいことをしていたものですけどね〜。最近はデニムも、専門メーカーではなくてファストファッションのものでも結構クオリティが高いので、すっかりそちらも妥協してしまっています。

 

www.muji.net

 

服選びがそもそも得意でない私にとっては、ボトムスで新しいブランドのものに手を出すこと自体、失敗の確率が高くて結構鬼門です。だいたい、シルエットか色味のどちらかで持っている服と微妙に合わないものを選んでしまうんですよねー。ファストファッションのもので、自分に合ったものを見つけてしまえば、一回履きつぶしてしまっても、また同じものを買い直せる可能性が高いので、これに妥協してからは便利だな〜と思うようになりました。

 

その代わり、それで浮いたお金で、シャツやアウター、あるいは帽子などの小物については、お気に入りの服屋さんで「これ!」とピンときたものだけをなるべく買い集めるようにしていますけどね。

 

ファストファッションのボトムスは、ユニクロと無印ではクオリティはほぼ変わらないと思うのですが、両方試して無印の方が若干好みだったのでこちらに落ち着きました。ただユニクロだと、混んでいなければ裾直しを購入後30分くらいでやってくれるのですが、無印良品はどこも一週間程度時間を取るので、ここがもっと改善されるといいのにな〜、といつも思います。

スポンサーリンク