羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

はてなブックマークとはてなスターの違い。ブログの人気度の尺度について。

はてなブログでは、ブログの記事に対して、「はてなスター」と「はてなブックマーク」の二種類の方法でリアクションをすることができます。この二つのはてなブログでの使われ方について、思うところがあったので、考えを整理してみます。

 

f:id:smartstyle:20160820071008j:plain

 

はてなブックマークとは?

ブラウザーの機能で、よく見に行くサイトや後で読みたいサイトを登録しておいて、いちいち検索したりURLを入力しなくても、メニューやツールバーから行けるようにする機能があります。これが普通の「ブックマーク」ですね。

 

そのブックマークを、ソーシャルに共有しましょう、というのがはてなブックマークです。みんなで共有することで、共有された数で人気の高いサイトを抽出することができます。またブックマークするときに補足で書いたメモも共有することで、他の人がそのサイトのどんな所に着目したのかが分かって便利でしょ?というのが、ソーシャルブックマーク、の大元の考え方です。

 

ソーシャルブックマークは意外と歴史が古く、はてなでは2005年の2月に最初のバージョンがリリースされているので、もう10年以上前(!)になるのですね。その頃は、他の会社からも類似のサービスがリリースされて一時的な流行になりましたが、今でははてなブックマークが代表的なサービスとして残っている状態です。

 

はてなスターとは?

ソーシャルブックマークは、URLのある一つのページに対して、ブックマークという形で登録をしますが、もう少し登録の敷居をさげて、ページよりも細かい単位の内容(ブログの記事、ブログのコメント、ブックマークのコメントetc..)に対して、簡単に肯定的なリアクションを返せるようにしましょう、という考え方で生まれたのが「はてなスター」です。いわゆるFacebookでいうところの「いいね!」と考え方は同じです。

 

はてなブックマークは、登録するときに、ブログの記事のブックマークボタンを押して、ダイアログが表示されて、コメントを入力して、「登録する」ボタンを押す、と幾つかの手間を踏みますが、はてなスターは星のマークを押せばすぐに画面に反映されますよね。

 

はてなスターは、はてな創立6周年のタイミングである2007年の6月に、はてなの海外進出のアナウンスと併せて、大々的にリリースされました。ここで、注目したいのは、はてなブックマークよりもはてなスターの方が後に作られた機能である、という点です。

 

ブックマークは「あとで読む」、スターは「いいね!」

はてなブックマークと、はてなスターはどちらもWEBサイトの内容(≒ブログの記事)に対して、リアクションをするための機能ですが、上で書いた経緯の通り、はてなブックマークとはてなスターでは微妙にニュアンスが違います。

 

はてなブックマークは、サイトに後から直ぐにアクセスできるようにして「あとで読む」ことをし易くするために登録するものであるのに対して、はてなスターは「読んだよ」とか「いいね!」という読後の反応を残すためのものです。

 

ブログの記事の人気度を測るのに、スターとブックマークのどちらが適切か?

はてなブログのトップページでは、人気の記事、として「はてなブックマーク」数の多い記事の方を紹介しています。しかし、ここでブログの記事の人気度を測るのにはてなスターよりもブックマーク数の方が適切なのか?という疑問がわき起こってきます。

 

確かにブックマークの方がスターよりも登録するまでの手間が多いですし、「シェアしたい!」という強い意図があるので「いい記事」である可能性は高いです。しかし、単純に記事の内容が長い場合や、リンク集的な内容で本文の内容自体が薄い場合にも、「あとで読もう」という目的で、中身を深く読むことなくブックマークしてしまうこともよくあります。

 

ここまでいろんな方のはてなブログを読んだり、自分でブログを書いてきた体感で、個人的には「あとで読む」のはてなブックマークの登録数が多い記事よりも、「いいね!」のはてなスターの数が多い記事の方が、内容が濃い良記事であることが多いのではないか?と思います。

 

現状、はてなブックマーク数の方が、ブログの記事の人気度の尺度として使われているのは、前述のとおり、はてなブックマークの方がはてなスターよりも前にリリースされたサービスなので、はてなブックマーク数が多いものを「人気エントリー」とする、という流れがそのまま来てしまっている歴史的な理由と、はてなスターが一つの内容に対して無制限にスターを付けられるのでいくらでも人気度がねつ造できてしまう、という仕様的な理由もあるように思います。

 

ブックマーク狙いより、スター狙いの記事を書きたい

「いいね!」のはてなスターよりも、「あとで読む」のはてなブックマークの方が、記事の人気度の尺度となっていて「バズりやすい」ことで、はてなブログ(に限らずブログ界隈全体)では、一つのブログ記事が不必要に長くなっている(「○○なもの、100個まとめ」とか)ことが多いような気がします。これは個人的な好みかもしれませんが、ブログの記事は1000文字から2000文字程度の長さのほうが私的には読みやすいです。

 

このブログも、アクセス数を増やしてみたい、とかSEOとかを意識していないわけではありませんが、それでもはてなブックマークの数を狙うより、はてなスターをたくさん頂くような記事を書きたいです(※ブックマークを意識した記事も試してみましたが 笑)。「あとで読む」より、なるべくその場で読んでいただけるよう、さらっと書くことを心がけるようにしています。

スポンサーリンク