読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

湖西を日帰りドライブ(白髭神社〜比叡山)。

おでかけ 岐阜・滋賀・三重

今年は例年よりちょっとだけ夏休みが長いです。今日辺りからお盆休みの混雑も落ち着いてきているのではないかと思い、いつもは道路の混雑を避けてなかなか行けていない、琵琶湖の湖西エリアをドライブしてみることにしました。

 

白髭神社

まずは朝イチで、湖の上に鳥居が立っていることで知られる、滋賀県高島市の白髭神社を目指しました。白髭神社までは吹田市からは約90km、自動車で約2時間の距離ですが、途中に休日の午前中はほぼ渋滞している京都南IC〜京都東ICの区間を挟むため、土日は渋滞を見越して時間を計算した方が良さそうです。

 

Google マップ

 

京都東ICを降りてからも40kmほどの距離がありますが、無料の湖西道路など、ほぼ信号のない道路を通っていけるので、思ったより早く目的地に着くことができました。神社から鳥居が見える場所へは交通量が多い国道161号線を渡らねばならず、横断歩道もないので、渡るときには注意が必要です。

 

f:id:smartstyle:20160818091137j:plain

 

水の上に立つ鳥居と言えば、日本三景の一つでもある広島県宮島の厳島神社が有名ですが、白髭神社の鳥居は海よりも静かな湖の上であることもあって、より神秘的に感じられました。朝の早い時間でしたが、鳥居を眺められる場所にはぽつぽつと人が集まっており、ポーズを取って写真を撮ったり、階段に座ってのんびりしたりと、思い思いの時間を過ごしていました。

 

比叡山延暦寺

神社でしばらく時間を過ごした後は、国道161号線を戻り、比叡山ドライブウェイに入って、比叡山延暦寺を目指しました。延暦寺は境内が何カ所かに分かれていますが、私は北側からドライブウェイに入ったので、横川、西塔、そして最も大きな本堂のある東塔、の順に巡りました。

 

Google マップ

 

関西に長くいながら、比叡山延暦寺は初めて訪れたのですが、予想以上のスケールの大きさに驚きました。駐車場から本堂へと向かう山道や本堂の中は、街中の喧噪とは違う静謐な空気で満たされていて、ツクツクボウシの鳴き声や遠くから聞こえる鐘の音がよく通って聞こえました。メインの東塔は多くの観光客で賑わっていますが、車で来られている方は、人が少なめな横川や西塔も併せて回ると、雰囲気の違いを楽しめると思いました。

 

f:id:smartstyle:20160818102331j:plain

f:id:smartstyle:20160818110006j:plain

f:id:smartstyle:20160818113317j:plain

 

ガーデンミュージアム比叡 

比叡山を散策した後は、比叡山ドライブウェイをさらに山頂まで登り、山頂にあるガーデンミュージアム比叡という庭園美術館に行きました。ガーデンミュージアム比叡では、印象画家ふうの庭園を再現したさまざまな庭と、陶版で複製された絵画とが併せて展示されています。敷地が広大なのとお庭のバリエーションが豊富なのとで、こちらも散策を十分に楽しめました。

 

f:id:smartstyle:20160818124402j:plain

f:id:smartstyle:20160818123931j:plain

f:id:smartstyle:20160818130130j:plain

 

ガーデンミュージアム比叡に着いた時点でちょうどお昼の時間だったので、お昼ごはんもガーデンミュージアム比叡内のレストランで頂きました。園内のレストランは比較的簡易なものでしたが、比叡山の山頂からの琵琶湖周辺の眺望を眺めながら、ビーフシチューなどの洋食を頂くことができるので、居心地のよい時間を過ごせたと思います。

 

f:id:smartstyle:20160818120030j:plain

 

朝の七時くらいに家を出て、琵琶湖の湖西エリアを盛りだくさん巡って帰ってきましたが、午後の三時くらいには自宅に着くことができました。平日で高速道路が空いていたのもありますが、休日に同じコースを回っても、それほど無理なく日帰りドライブを楽しめるのではないかと思います。

 

今回は少し駆け足めで回ってしまいましたが、もし次に訪れることがあれば、白髭神社の鳥居の前や、延暦寺の横川や西塔の静かなエリアで、もう少し静かな時間を満喫したいな〜と思いました。

 

おまけ

大津市中心部付近の琵琶湖の湖畔で遊んだときのエントリはこちら。

www.smartstyle-blog.net

スポンサーリンク