ワンオペ育児を超えてゆけ

旧「羊の夜をビールで洗う」。シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。たまにガジェットネタも。

岐阜市の図書館「みんなの森 ぎふメディアコスモス」の居心地が良かった。

引き続き、岐阜県に帰省中です。今日は両親と息子を連れて外出する日なのですが、いつも行き先がショッピングモール(モ○ラとか...)などになってしまうことが多いので、たまには違う場所を...と、新しく綺麗になったらしいと噂に聞いていた、岐阜市の図書館「みんなの森 ぎふメディアコスモス」に行ってみました。

 

Google マップ

 

みんなの森 ぎふメディアコスモスは、岐阜市中心部の金華山のふもと、岐阜公園や伊奈波神社などの観光エリアにほど近い場所にあります。メインストリートを折れるとすぐに、曲線状の屋根の特徴ある建物が現れます。

 

f:id:smartstyle:20160815110004j:plain

 

二階の図書館に上がると、内部はさらに曲線を多用した木造屋根と傘状の天蓋からなる柔らかな空間が広がっています。屋根と天蓋の隙間から自然光がふんだんに入ってきて、図書館らしいとても落ち着ける雰囲気になっています。建物の設計者は、伊東豊雄さんという方で、他には東京八王子の多摩美術大学の図書館などを設計された方だそうです。

 

f:id:smartstyle:20160815110224j:plain

 

図書館には一般向けの書籍だけでなく、絵本なども豊富にありキッズスペースも備えられているので、幼児を連れていても十分に楽しめます。子どもを少し両親にお願いして二階をぐるっと周回してみましたが、若者限定の個室自習スペースや畳の上でくつろいで読書ができるスペースなど、図書館での読書や学習を楽しめるさまざまな工夫が凝らされていると思いました。

 

f:id:smartstyle:20160815111915j:plain

 

一階部分には、会議室などの多目的スペースがある他には、ローソンとスターバックスが入居しています。武雄市のTSUTAYA図書館などとは違い、書籍の販売はされていませんが、本を借りた後もゆったり時間を過ごせそうな設備は一通り揃っていそうです。

 

実は、私は本は「借りるより買う」派なので、ふだん図書館ってあんまり訪れないんですよね。ですが、これだけの空間があるのなら、帰省で退屈しているときにふらっと訪れて、親子でそれぞれ本を借りて読みながら時間を潰すのもよいかも、と思えるくらいには居心地のよい場所だと思いました。

 

「みんなの森 ぎふメディアコスモス」は、岐阜の主要観光スポットから近い場所にあって、建築的にも面白い建物だったので、観光で岐阜市を訪れた方がついでに覗いていっても楽しい場所ではないかと思います。よろしければ訪れてみては。

 

 

スポンサーリンク