羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

「常時サマータイム」は三文の得?

わが家の休日の生活リズムはけっこう早いです。おそらく普通の人の家庭より30分くらい早くて、6時半起床、11時半にお昼ご飯、17時半くらいに晩ごはんを食べて、20時までにはお風呂を済ませてしまいます。感覚的には一年中サマータイムで動いているような感じで、下手をするとさらに30分前倒しになることもあります。

 

f:id:smartstyle:20140506134644j:plain

 

人より30分早めに動いていると、特に外出したときなどに、駐車場やランチのお店の混み具合、道路の渋滞度合いなどでピークタイムを避けることができるので、待ち時間のトータルで大体一時間くらい得をしている感覚があります。

 

30分生活時間を前にずらすだけで、休日の一日で使える時間が一時間も増えるのなら、少ない労力で結構高い効果を得られているのでは?と思います。お昼が11時半とか、夕ご飯が17時半とか早過ぎやろ?みたいな常識的な感覚に合わせずに、意図して世間より前倒しするようにすると、休日のお得感がぐっと上がると思います。

 

おまけ。生活リズムについての他の記事はこちら。

www.smartstyle-blog.net

スポンサーリンク