羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

大阪に住んでから初めて淀川花火を見に行った。

大阪に住み始めてから8年近くになりますが、今年は初めてなにわ淀川花火大会を見に行きました。これまでは、自宅から少しだけ見られていたのと、大規模な花火大会なのですごく混雑するイメージがあって足が遠のいていたんですよね。ですが、今年は場所を移転した会社がオフィスの一部を開放してくれるとのことなので、またとない機会だと思い、参加してみることにしました。

 

会場付近への梅田には、電車の混雑を予想して少し早めに午後4時くらいに着くように家を出ました。このくらいの時間でも、会場の十三・梅田方面へと向かう阪急電車の中は浴衣を着ておめかししたカップルがいっぱい。

 

f:id:smartstyle:20160806170408j:plain

 

花火まで時間があったので、大丸梅田店の13階にあるポケモンセンター(今話題の場所?)やトミカショップで子どもを遊ばせた後、さらにルクアイーレにある蔦谷書店の有料ラウンジで時間を潰しました。蔦谷書店のスタバはとても混雑していましたが、有料ラウンジはこの日でも空いていた上に、眺めが良かったのでとても快適な時間を過ごせました。

 

f:id:smartstyle:20160806195550j:plain

f:id:smartstyle:20160806195909j:plain

f:id:smartstyle:20160806205016j:plain

 

そうこうしているうちに時間が来たので、会社のオフィスのあるビルへ向かって、花火鑑賞させていただきました。ビルからは淀川の船上から花火が打ち上げられる様子がはっきり見えて、生涯最高のコンディションで花火を鑑賞できてとても感激しました!

 

今回は会社の厚意の恩恵にあずかってしまいましたが、梅田には高いビルがたくさんあるので、打ち上げスポットの場所さえ分かっていれば、お店でご飯を頂きながら花火を見られる穴場は結構あるのではないかと思いました。

 

心配していた花火の後の帰路も、想像していたほどの混雑ではなく、特に電車の遅延もなく21時半くらいに自宅に帰ってくることができました。なにわ淀川花火大会は、大阪キタエリアでは最もメジャーな花火大会なので、人混みが苦手な人には敬遠しがちな花火大会ですが、たまにはこうしてガチに楽しんでみるのもありかと思いました。

スポンサーリンク