読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

モノを増やさずに部屋の雰囲気に変化をつける小物

暮らし 買いモノ アプリ 部屋

部屋にお気に入りの家具やインテリアを一通り置ききってしまって、「もうこれ以上モノを増やしたくないな〜」というときには、モノを新たに増やすことなく「中身」や「側」を変えるだけで、部屋の雰囲気に変化を付けられるアイテムが便利な気がします。

 

そういう「マイナーチェンジポイント」をいくつか持っておくと、「モノを増やしたい願望」を押さえつつ、気分転換ができて一石二鳥です。わが家でそういう役割になっているアイテムをいくつかあげてみます。

 

クッションカバー

f:id:smartstyle:20160804122654j:plain

 

ソファに置いて使うようなクッションは、どのブランドのものでもだいたい大きさが45cm前後の正方形、と決まっていて、いろいろなお店でたくさんの種類のカバーが手に入るので、マイナーチェンジにちょうどいいと思います。

 

インテリアショップの高級店でない限り、どのカバーも大抵3,000円もあれば買えるので、ちょっと実験的な柄や色のものを買って「ちょっと失敗したかも...」と思ってもダメージが小さいのもいいです。

 

アート(ポスター)とカレンダー

f:id:smartstyle:20160804122518j:plain

 

アートやポスターも四つ切りなどの、よく売られているサイズの額を一つ用意しておくと、予算に応じて中身を買い換えていけるので便利です。せっかくなので、額の方もお気に入りの雑貨店で買っておけば、愛着が沸いて「そろそろ中身を入れ替えてみよう」というモチベーションが高まるので、オススメです。

 

hokuohkurashi.com

 

カレンダーは、「レター」というスマホのアプリを使って、毎月お気に入りの写真をプリントアウトして送ってもらったものを使っています。レターのアプリでは、写真だけでなく外枠の色も選べるので、季節感や写真にあった色を選んで、毎月違ったパターンになるようにしています。

 

 

観葉植物

f:id:smartstyle:20160804122544j:plain

 

観葉植物やお花も、鉢を用意しておけば、季節が変わったタイミングや、うっかり枯らしてしまったとき(涙)に、こまめに入れ替えられていいですよね。植物によって、日や水、気温に対する強さや弱さが違うので、育てることによってそういった感覚も磨かれていくのもいいです。

 

まとめてみて改めて思うに、マイナーチェンジしやすいアイテムを持っておくコツとしては「よく市場で出回っているサイズのものを持っておく」ということのような気がします。スマートフォンのケースなどでもiPhoneにしておけば、一番豊富なバリエーションから選べて便利なのと同じですよね。

 

上であげたアイテムたちは、これからもちょっと冒険してみたり、シンプルに徹してみたりと、いろいろ試行錯誤しながらマイナーアップデートを繰り返していきたいです。

 

おまけ。よろしければ、こちらもどうぞ。

www.smartstyle-blog.net

 

www.smartstyle-blog.net

 

 

スポンサーリンク