読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

休日の朝の読書が捗る音楽

音楽

おはようございます。お休みの日の朝、子どもが目覚めるまでの読書の時間によくかけている音楽をいくつか挙げてみます。夜のリラックスタイムにかける音楽とは違い、朝は窓から入る日射しのきらめきや朝もやの空気感を増幅させるような音楽を選んでいる気がします。

 

原田郁子 「ケモノと魔法」

youtu.be

 

「クラムボン」のボーカル、原田郁子さんの2枚目のソロアルバムです。アルバムを通してゆったりとしたテンポの曲が続き、かけるだけで周りの時間の流れがスローになるまさに「魔法」のようなアルバムです。廃校の校舎のような場所で演奏されたかのようなざらついたノイズ感が朝に向いていると感じます。

 

キングス・オブ・コンビニエンスのアルバム

youtu.be

 

ノルウェー出身のアコースティックデュオで、京都の書店「けいぶん社」の店内でかかっていることも多いアーティストです。アコースティックギターとコーラスのバランスが、BGMとしてかけても読書を邪魔しない程度に絶妙です。「Quiet is the New Loud」「Riot on an Empty Street」「Declaration of Dependence」の3枚のアルバムがリリースされていますが、どれも好きなので交互にかけています。

 

橋本秀幸さんのアルバム

youtu.be

 

瀬戸内海で3年に1度開催される芸術祭(今年も開催年ですね)、瀬戸内国際芸術祭の音楽などを手がけられた、香川県在住の音楽家、橋本秀幸さんのピアノ作品集もよくかけます。エリック・サティのような要素も含みつつ、瀬戸内の静かな海や自然の空気感が感じられる日本的なアンビエントになっていると思います。

 

おまけ。よろしければこちらもどうぞ。

www.smartstyle-blog.net

 

www.smartstyle-blog.net

 

 


 

スポンサーリンク