羊の夜をビールで洗う

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

慌ただしい子育てだからこそ、自分のお気に入りの時間を確保しておきたい。

子育てってとにかく慌ただしいですよね。特に子どもが起きているときには。家のなかで何かひと仕事してちょっと休憩したいな〜、と座ったとたんに「何か飲みたいー」とかあるあるですよね。小さな子どもといると、常に割り込みが入ってくる状態でなかなか息をつく暇がありません。

 

けれど、それでも少しの時間でもいいので、一日のどこかに「この時間は好きな過ごし方をして落ち着く」という時間を確保して、その時間を自分のお気に入りの時間にすることが大事だなぁと常々思います。

 

私の場合は、夜食事を終えてお風呂にも入れて、あとは寝かしつけだけ!という、就寝前の一時間くらい(この時間はリビングか寝床にしている和室でめいめいに好きなことをする)と、休日の朝子どもが目覚める前の30分から一時間、がそんな時間です。

 

f:id:smartstyle:20160528070229j:plain

(自宅にて:休日の朝のいち風景。子どもは二度寝中です。)

 

その時間中には、せわしないネットサーフィンも控えめにして、ゆったりめの好きな音楽をかけながら本や雑誌を読んだり、ブログを書いてみたりと、リラックスして考えることに時間を充てるようにしています。

 

子どもが生まれてから、それまでよりもずっと時間の使い方を意識するようになったと思います。自分の時間が奪われていく、というようなネガな受け止め方をするのではなく、時間をちょっとでもうまくマネジメントしてやろう、と自発的に考える方が、限りある時間の隙間にお気に入りの時間を見つけやすくなると思います。

 

スポンサーリンク