羊の夜をビールで洗う

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

子どもの保育園での制作物は、さりげなく目に留まる場所に置いて季節感を楽しんでからそっと処分。

子どもが保育園や幼稚園に通うようになると、ひな祭りや七夕などの季節のイベントで保育園で制作したものを、持って帰ってきたりしますよね。年齢が上がってくると、園での遊びで作った折り紙やお絵かきを毎日「プレゼント」してくれたりすることも...。

 

これらの制作物、とてもかわいくて大変ありがたいのですが、置き場所を間違えるとすごく散らかった感が出てしまって、でもむげにポイっと捨ててしまうのも忍びないので扱いに困ることもしばしばでした。

 

f:id:smartstyle:20160709104644j:plain

 

けれど、家の中でいつも目に入る場所ではなく、廊下や玄関にある棚の上とか、外出するときなどにさりげなーく目に留まる場所に置き場所を決めたら、かわいい感じに飾れてるように見えるし、適当な頻度で制作物を入れ替えることで、季節感を楽しめるようになりました。

 

f:id:smartstyle:20160304202839j:plain

 

子どもの制作物は、全部大切にずーっとしまっておく、というご家庭もあるでしょうが、うちでは十分季節感を楽しんだ後は、写真に残した後でそっと処分することにしています。残しておくとやっぱり置き場所に困ってしまいますしね。何でも置き場所を決めることって大事だなぁ、という当たり前の気づきを得られた出来事でした。

スポンサーリンク