ワンオペ育児を超えてゆけ

旧「羊の夜をビールで洗う」。シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。たまにガジェットネタも。

べんとー男子をはじめてみた。

職場が最近大きなビルに移転したのですが、地上に降りるのが面倒くさくなって毎日同じビル内のダイニングフロアでお昼を済ませていたら、昼食代が高くなって地味に痛いので、毎週月曜だけでも、と週イチべんとー生活をはじめることにしました。

 

なぜ月曜なのかというと、弁当を作るには普段より30分は早く起きないといけないので、土日を挟んで一番体力的に回復している月曜日にすることにしました。弁当の日をもう一日増やして週2にするとしたら、たぶん「あと一日で週末!」とテンションが回復しつつある金曜日を選ぶと思います。

 

まずは弁当箱を買うところから。普段通勤は、デイパックで行くこともありますがビジネスバッグを使うこともあるので、薄くて鞄に入りやすそうなものがいいなー、とFoodmanの薄型のお弁当箱とケースのセットにしてみました。

 

f:id:smartstyle:20160417203239j:plain

http://www.amazon.co.jp/dp/B00VFJY222

 

弁当箱の四辺がパッキンになっていて、弁当箱を縦にして鞄に入れても水分が漏れたりしないのが売り、みたいです。少し前にテレビで紹介されていたものらしく、周りを見回していたら被っている人が何人かいました。

 

f:id:smartstyle:20160516054758j:plain

 

弁当の中身は拙くて恥ずかしい限りですが、だいたい前日の晩ごはんの総菜の残りとか、よく使っているオイシックスの冷凍食品の残りとかと、卵焼きをテキトーにつめて持っていっています。材料費は厳密には計算していないですが、大体300-400円くらいではないかと。

 

Foodmanのこのタイプの弁当箱について少し記しておくと、まず容量が結構デカくて普通におかずとごはんを詰めていくと中高生のお弁当並のボリュームになります。自分にはちょっと多い量なので、最近では「寄り弁」になるの覚悟で少し余裕を持たせて詰めています。

 

あと、4辺で蓋を留める作りになっているせいか、最後の1辺が閉まりにくい、というかほとんど閉まらないです。このまま持っていっても問題ないのかもしれませんが、なんとなく締まりが悪い(<文字通り)ので、仕方なく100均で弁当の蓋を押さえるためのバンドを買ってそれを併用して使っています。

 

週イチべんとー生活を始めてから2ヶ月くらい経っているので、そろそろ弁当箱の元は取れてきているのではないかな?と思っているのですが、ストックしている冷凍食品ではオイシックスのお徳用餃子が残っていることが多いので、最近では毎週主菜が餃子の餃子弁当になっていることが多いです...。弁当のおかずになりそうなものを作り置きするスキルを身につけたいところです。

スポンサーリンク