羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

ストウブを買って無水調理でいくつか作ってみた。

少し前に諸事情でルクルーゼを手放してしまってから、ホーローのお鍋が手元になかったのですが、最近週1,2回の頻度で野菜スープを作るのと、「なんか近頃流行ってそうなので使ってみたい」というミーハーな興味と物欲から、ストウブの鍋を買ってみました。

 

f:id:smartstyle:20160624205522j:plain

http://amzn.to/2b7hqIA

 

ストウブはサイズがかなり細かい刻みで用意されているので、どれを選んだら良いのか迷ったのですが、下のサイトなどを参考にしながら、自分は1つでなんでも済ませられる方がいいなー、とココットラウンドの20cmを選びました。

 

onreco.net

 

次に、ストウブらしいレシピが載っていそうな料理本を買いました。書店やAmazonなどでテキトーに見繕って、料理初心者むけっぽい以下の2冊を買いました。

 

みないきぬこ「はじめてのストウブ」

 

井澤由美子「「ストウブ」でもてなしごはん&毎日おかず」

 

で、手始めに何を作るか、ですが、ルクルーゼにはないストウブの特徴が「無水調理ができること」だったので、本に載っていた「焼きキャベツ」と「豚肉とトマトのシンプル煮込み」を作ってみました。料理はまだ人にドヤっと見せられるほど上手くないので写真は載せません、載せませんよー。

 

【スポンサーリンク】  

 

作ってみたものの感想ですが、「焼きキャベツ」は簡単な調理法でキャベツの甘みを引き出せるように作れて面白かったのですが、小分けにして食べると痛みが早いのでこれならやっぱりスープにした方がいいかな、と思いました。豚肉とトマトの煮込みは、明らかにご飯というよりパスタに合わせた方がしっくりくる味でしたが、こちらは翌日カレーに混ぜてみたり、お弁当のおかずに持っていったりと応用が効いたのでまた作ってみたいと思いました。

 

他にもストウブでは、炊き込みご飯やお肉・魚をドーンと入れた料理なんかも簡単な調理法で作れてしまうようなので、休日などにいろいろチャレンジしてみたいと思いました。料理の勘のない私でもできることの幅が広がったように感じて、よい買いものができたのではと思います。

スポンサーリンク