羊の夜をビールで洗う

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

万博公園の日本庭園で見た都会のホタルに心癒される。

ホタルといえば、田舎の山間部、川の上流あたりの水のきれいな場所で見られるもの、だと思いますが、家からすぐ近くにある万博公園の日本庭園でホタルを見ることができるというので行ってみました。

 

www.expo70-park.jp

 

Google マップ

 

万博公園はとても広い公園ですが、日本庭園の側に近い駐車場がちゃんと用意されているのでそちらに駐めます。少し入り口が分かりにくいですが、公園の外周道路をぐるっと周回して、高速道路を横切る橋の直前に入り口があります。ホタルの発光が最もよく見られるのは、日が落ちた19時半〜20時ということなので、その時間を見計らって行くのがいいです。

 

車を降りて日本庭園側の入り口から万博公園に入ります。万博公園は日本庭園だけでもかなり広いですが、「蛍の夕べ」のイベント期間中は、日本庭園の中でも蛍が見られる水辺の付近を一周するように看板の案内がかけられているので、それに従って歩きます。

 

f:id:smartstyle:20160528190806j:plain

(大阪府吹田市:万博公園日本庭園)

 

写真の時間はまだちょっと早いのですが、もう少し日が落ちてすっかり暗くなった頃に、水辺の方に目を凝らすと...ちゃんといました!尻尾が発光しているホタルが。都会なので、田舎の水辺ほどたくさんいるわけではなく、私たちが見かけたのはせいぜい一度に4,5匹程度でしたが、逆に宝もの探しをする感覚で、ホタルを一生懸命探したのは、息子くんにもよい夏の思い出になったのではないかと思います。

 

万博公園の「蛍の夕べ」は毎年やっているイベントのようで、5月の下旬から6月の上旬にかけて案内がされるようです。ホタルのはかなさの如く期間が短いので、季節になったらまめにチェックされるのがいいかもしれません。

スポンサーリンク