ワンオペ育児を超えてゆけ

旧「羊の夜をビールで洗う」。シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。たまにガジェットネタも。

ハンドメイドマーケットで家具を買ってみた。

昨年の11月に引っ越しをして以来、少しづつ部屋に合わなくなった家具を入れ替えたり、新しいのを買い足したりしているのですが、その中で市販品ではなく、ハンドメイドマーケットから買ったものが何点かあるので、買ってから届くまでの流れや、買ったものの使い勝手についてレビューしてみます。

 

ハンドメイドマーケットは、「Creema」から買いました。「minne」なども有名だと思うのですが、minneよりもこちらの方が全体的に売っているモノの雰囲気に統一感があるし、小洒落れている気がします。

 

 

買った家具1つ目は、ダイニングテーブルです。置く予定のスペースがちょっと狭く、市販品のサイズではキツキツになりそうだったので、90cmx60cmという市販品にあまりないサイズで、自分にはぴったりのサイズのものがあったことが決め手になりました。

 

f:id:smartstyle:20151209205722j:plain

 

お値段は、25,000円で送料を含めると3万近くになってしまい、今から思えば市販品と比べても結構割高かもとは思うのですが、市販品になさそうな風合いなのと、思っていたイメージとぴったり合っているのとで、気に入っているので良しとします。

 

CtoC的に直接バイヤーとやり取りするのが初めてな割には、いきなり大きめのモノを買ってしまい、バイヤーさんとのやり取りも普通にお店から買うよりはずっとフランクな調子だったので、正直届くまでドキドキしましたが、納期や梱包状態など特に問題なく届いたのでホッとしました。

 

一つ目の買い物が思い通りにいったのに調子に乗って、小さなマガジンラックを別のバイヤーさんから買ってみました。奥行き10cmくらいの薄いラックですが、いつも音楽を聴いているJawbone JAMBOX miniなら上にちょこんと乗ってしまいそうだなー、という思惑もあり。

 

f:id:smartstyle:20160522182238j:plain

 

こちらも事前の採寸が功を奏して、イメージ通りに納まってくれたのでは、と思います(家具を買うときは採寸が一番重要!)。

 

Creemaは、新着やおすすめ商品などの見せ方もうまく、通知が来るとついつい毎日みてしまい、余計なものが欲しくなってしまいます。家具の他にも、ちょっとした雑貨などもちょこちょこ買っていますが、期待していたよりもクオリティがイマイチだった...ということは今のところほとんどなく、ハンドメイドと言えど安心して買える品質のものが多いような気がします(もちろん自己責任で)。もし興味があればお試しあれ。

スポンサーリンク