羊の夜をビールで洗う

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

あどけない見た目に気怠いボーカルがギャップの藤原さくらさんが「かわいい」。

アラフォー男子のエロくない目線から個人的に「かわいい」と思う人やモノを語ってみる、ということをやってみたいと思います。記念すべき初回は、弱冠二十歳のシンガーソングライター、藤原さくらさんです。

 

私の職場は、なぜかオフィス内でFM802がかかっている変わった職場なのですが、そのFM802の2016年2月のヘビーローテーションが、「かわいい」という曲だったことが、藤原さくらさんを知ったきっかけです。

 

youtu.be

 

職場でかかっていたときには、サビの部分しかちゃんと聞こえていなくて、そのときは「耳に残るけどそこまで趣味じゃないかな」と思ってたんです。でも後からApple Musicでちゃんと聴いてみたら、本格派なアコースティックの演奏にアンニュイなボーカルがマッチしていて、「何、これめっちゃ好みやん!」って評価が逆転したんですよね。

 

さらに、どんな女性が歌っているのだろうと思って詳しく調べてみたら、想像以上に若い方だったので、二度びっくりしました。こういうギャップにもなんか弱いんですよね、私。その後リリースされたフルアルバム「good morning」もヘビーローテーションで聴いていて、すっかりこの春のテーマソングになってしまいそうな感じです。

 

藤原さくらさんは、2016年4月期のドラマで女優デビューもされるらしく(私はドラマはあまり見ないので見る機会はないかもですが...)、ますます今後の活躍が期待されそうです。あどけなさと楽曲のギャップが「かわいい」藤原さくらさんに、今後も注目していきたいです。

 

 

スポンサーリンク