読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊の夜をビールで洗う

シングルファーザーなプログラマーのワンオペ育児&暮らしのブログ。

残業時間や働き方についての潮目が変わってきている?

昨年に起きた電通の事件あたりから、残業時間や長時間労働についての規制や考え方の見直しが進んでいるように思います。 (先月、休日出勤をしたときのおやつ) 労使協定を超える残業時間に関する監視が厳しくなって、大手の企業であっても、該当部門の長が…

アホじゃない、アホの坂田。(クセのある上司の話)

少し前に、バカのエントリを書いたので、アホのエントリも書いてみようかと。大阪だと「アホ」はネガティブな言葉ではないって聞いたことあるけど本当なのかな。 これまで、仕事で何度となくクセの強い上司に当たっている、引きの強さ(?)を持つ私だけど、…

今年39歳の私が、「プログラマー35歳定年説」について、考察してみる。

タイトルを書いてみて、「39」という数字の重みにいきなり、ずーん、となっている私です...。 ま、それはさておき、私が本業としているIT業界には、「プログラマー35歳定年説」というものがあります。 IT業界のお仕事には、現実世界のどの部分をソフトウェア…

会社の規模は大きければいいのか?東芝の決算発表延期のニュースに思う。

今日は、バレンタインデーでもありましたが、経営危機が囁かれている東芝の決算発表が注目されていた日でもありましたね。 news.yahoo.co.jp ところが、正午に発表される予定だった決算は、直前になって延期。なんでも子会社をめぐる取引についての内部告発…

ストレスをいい感じにコントロールする。

お仕事の負荷が上がってくると、「なんか最近ストレスが溜まってきたな〜」って思ってしまいますよね。ストレスを溜めすぎると、イライラしたり体に変調をきたしたり、と何かとよくないことが起こる気がします。 ですが、あんまり緊張感がないのも考えものな…

チームのドライさんのファインプレイ。

2月は忙しくなりそうで、社畜宣言をした私ですが、ひさしぶりにお仕事中の一幕の話をしてみます。今回はこのブログに一度だけ登場したことのある、技術力はスーパーだけど、性格的にドライなところのある、チームのドライさんの話です。 www.smartstyle-blog…

SEならきっと読んでいて胃が痛くなる?福田和代さんの「リブート!」

たまにはマニアック、というか読者のターゲットゾーンが狭い本の紹介をしてみたいと思います。福田和代さんという方の「リブート!」という小説です。 この小説は、金融系のSE(システムエンジニア)を職業とする人たちが主な登場人物となっています。この本…

逃げ恥の平匡さんにも検索されて欲しい、転職での会社選びで私が気にしたポイント。

ネット上でも多くのブロガーさんたちの間で話題になっていたドラマ、「逃げるは恥だが役に立つ」もいよいよ来週が最終回ですね。ひさしぶりに毎週楽しみにしていたドラマが終わってしまうのは、少し寂しい気もします。 さて、今週の逃げ恥(第10回)では、主…

星野源さんが働き過ぎで心配になる。

大ヒット中のドラマ、「逃げるは恥だが役に立つ」をみて、星野源さんについて興味を持ったので、星野さんが書かれたエッセイ「働く男」を読んでみました。 このエッセイを読むことで、文筆家、音楽家、俳優の三役をこなされる星野さんの文化的な背景を知れた…

プロジェクトXを夢見て。

2000年から2005年まで放送されていたNHKの番組で、「プロジェクトX〜挑戦者たち」という番組がありました。 プロジェクトX〜挑戦者たち〜の放送一覧 - Wikipedia この放送番組のテーマ曲であった、中島みゆきさんの「地上の星」がロングヒットとなったので、…

「鬼十則」が絶対じゃない。会社が変わればルールも変わる。

少し前に、電通に勤務していた新入社員の女性が、超過勤務が原因で自殺されるという痛ましい出来事が起きました。それ以来、超過労働やそれをもたらす社風について、さまざまな議論が交わされています。 そんな中、渦中の電通では、長年来の行動規範としてき…

チームのドライさんのドライたるエピソード。

今週もドラマの「逃げ恥」が面白かったので、私もITな職場の一風景の話をしてみます。 私のブログには、たまにチームのイケメンさんという人物が登場しますが、もう一人、同世代のチームメンバがいます。ドライな性格が特徴的なので、このブログではチームの…

思い出のドルチェグスト

寒くなってきて、ホットコーヒーが美味しく感じる季節になってきましたね。コーヒーといえば、いろいろお洒落な道具を揃えて、自宅で豆からひいてじっくり煎れて楽しむ方も多くいらっしゃいます。 はてなブログでもコーヒーの煎れ方の記事がいくつか上がって…

秋冬のITエンジニアの定番、ジップアップパーカー(衣替えの話)。

今週に入って、一気に肌寒くなってきましたね。先週までは、まだ薄手のシャツ一枚で過ごす日が多かったですが、そろそろ外を歩くときは、軽めのアウターを羽織ったりと、本格的に衣替えの季節かな〜、と思います。 私が働いている会社では、客先に出向く日で…

チームのイケメンさんに負けたと思う点

会社のチームメンバに同い年くらいのイケメンさんがいます。イケメンさんとは一年くらい前に同じチームになったのですが、これまで職場で分かりやすいモテ属性を備えた人とお仕事をすることがあまりなかったので、興味を持っていろいろと観察しています。 こ…

カープの優勝の陰で最下位に沈んだドラゴンズ、というか落合博満氏の話。

最近はあまり見られなくなってしまいましたが(子どもにテレビを取られるので)、野球の話でもしてみます。 今年のセ・リーグは、広島カープが25年ぶりにリーグ優勝しました。その一方で、19年ぶりの最下位が確定したのが、私の地元近くを拠点とする球団、中…

仕事で奮起したいときに読み返す、真山仁さんの経済小説

平日に二日お休みがあった変則的な一週間も今日で終わりですね。明日からはまた、月曜から金曜までバリバリお仕事です。「よーし、明日からお仕事頑張るぞ〜」というときには、ビジネス書や自己啓発本を読むのもいいですが、経済小説もいい刺激になったりし…

わが家の部分的在宅ワーク事情を少しだけ。

今日は台風で住んでいる地域に暴風警報が発令されていたので、保育園の登園を見合わせていました。台風で保育園に行けなかったのは初めてですが、風邪をひいて休まないといけないときは、年中児になっても2ヶ月に一度くらいはありますね。 私は、一人で子ど…

あの社長の再々復活はあるか?〜「社長失格」

大きな話題になっている大学を辞めて起業する方の話、「さすがにもーええやろ」と思い始めている人もいるかもですが、もう一つだけ関連するエントリを書いてみます。 www.ishidanohanashi.com この記事に対するツッコミとして、「まだ何で起業するか決めてい…

サラリーマンならつい口ずさんでしまうミスチルの「雨のち晴れ」。

Mr.Childrenといえば、いわずと知れた国民的バンドの一つで、桜井さんの爽やかな見た目とは裏腹に、意外と奥深い楽曲も多くて、年代問わず多くの人に親しまれているバンドですよね。 そんなミスチルですが、「everybody goes〜秩序のない時代にドロップキッ…

スピーチをもっと練習しておけば良かった。

弊社のプロパー(=新人からずっといる人)の方達は、みんなスピーチがとても上手いです。社長がちょっとワンマンな会社なのですが、その社長がスピーチをかなり重視していているからです。社長は(そこそこの規模の会社にも関わらず)今も新人研修に結構密…

お盆休みに新人くんに課題図書を押しつけた私はありがた迷惑な先輩だったか?

お盆休みの少し前の8月頭から新人さんが研修を終えて配属になり、私のいる課にも新人さんが一人配属されました。配属されてしばらく様子を見ていて、得意な分野や興味のある分野がはっきりしない子だな〜と思ったので、「夏休み、もし時間が余っていたらこれ…

仕事でいっぱいいっぱいになりそうなときによく使っている思考のトレーニング

昨日から夏休みに入りました。休み前に片付けておくべき仕事は済ませてきたつもりですが、それでも休み明けはリズムを取り戻すのに時間がかかったり、割り込みの仕事でドタバタしそうだな...という予感があります。 これまでに読んできたお仕事本のなかで、…

尊敬する経営者

経済紙やビジネス誌などで定期的に採りあげられるビジネスマンへのアンケートのお題に「尊敬する経営者は誰?」という質問があります。そしてアンケートの集計結果の上位には、大概柳井正さんや孫正義さんのような方たちの名前が挙がりますが、この結果を見…

好きな原則

仕事をするうえで僕の好きな原則の一つに、 「すぐれた商品は顧客の顕在ニーズからは生まれない」 というのがあります。 (石川県金沢市:金沢21世紀美術館) どういうことかというと、よい商品を生み出すには、すでに世にある商品から浮かび上がるような、…

スポンサーリンク